ハチドリのひとしずく

ひょんなことで楽しい、でも「うぅぅむ」となる動画を見つけました。
南米アンデス地方の先住民に伝わる童話だそうです。
英語も簡単ですので、英語をお勉強中のお子さん方にも是非ご紹介を!

=====

森が燃えていました。
森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました。
でもクリキンディという名の ハチドリだけは 行ったり来たり
くちばしで水のしずくを一滴運んでは 火の上に落としていきます。
動物たちがそれを見て 「そんなことをして いったい何になるんだ」 と言って笑います。
クリキンディは こう答えました。
「私は,私にできることをしているだけ」

=====

私用で不在の間にも、楽しみながら支度を進めてくれています。
月末前には、送り出しです。

 

アクセス・営業日はこちら CONTACT US