旧い車は「ただの車」じゃあないことは、乗ってる人はみんな知ってる。
ひとことで言うなら

相棒

道具として役に立つ、加えて傍らにあってオーナーの暮らしをより豊かに彩る。
そんな風に私は思っていますし、グレイスを頼りにして下さる多くの方は
そんな風に愛車と接しておられます。
車目線で考えると、いい環境です。
道具は使えば調子がいい、使ってるのでマメにメンテナンスを受けて尚よし。
使ってるから傷みも少ない(家と一緒です)。

乗り手は車を選ぶことができますが、車は乗り手を選べません。
もっと言うと、車は自分では1cmだって動きません。
…あぁ、自動運転機能付きの車が、盛んに開発されてるんでしたっけ?
つまり車のコンディションの良し悪しは、すべて持ち主次第。

久方ぶりに入庫して、ためいきをつきたくなることもあります。
どうして…

事情は様々なんだと思います。
体調が思わしくなかったり。家族の都合だったり、
仕事の都合という場合もありましょう。
飽きちゃった、もありましょう。

今日は、キレイごとはやめましょっか。

で。
もし気持ちが離れたり事情で乗れなかったり、だとして。
見ないフリ、はやめて欲しい。
知らないフリ、はズルい。

一度は思うところあって、手に入れた相棒。
手遅れになる前に、引き返せないところまでいってしまう前に、
ケリをつけて欲しい。
製造から相当に時間の経った車、心得がなければあっという間に朽ちていきます。
ホイと引き継ぐ人なんて、簡単には見つかりません。
方法がわからなかったら相談して欲しい。
この先大事にしてくれる人を探します。
それが、せめてもの馬の餞(はなむけ)というものではないでしょうか。
これも、車のお世話と同じくらい大事な、我々の仕事。
こういう汚れる仕事ばっかりじゃ、ありません。

IMG_0064

で。
一方で、新しい車に魅力を感じず旧い車に憧れて、
いつかは乗りたいなぁ…と思ってる方。
『いつかは…』は、殆ど実現しません。
もし、ココをご覧の方でぼやーんと思っている方がいたら、
是非一度、グレイスに遊びに来て下さい。
現実が、ゴロゴロ転がっています。
『いつか』は、今かもしれません。
それが今でなくても、『いつか』のはじめの一歩が、今かも。
知識がなくても、ぼやーんと思うところがあれば。
詳しく話を聞いたら、憧れが現実になるかもしれない。
詳しく話を聞いて、やっぱ生じる不便は譲れない、と思うかもしれない。
口が利けない車の代わりに、詳しくお話します。
どんな車が自分に向いてるのか、そこからでもいいと思います。

もう遠回りはやめよう。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US