今日は、クラブメンバーと バンブシュートさんで企画する

『Historic Touring』の当日。

横浜ヒストリックカーデイのエントラントを中心にご案内しました。
スマートフォンのアプリを使って、ロードラリーみたいにコマ図に導かれて
ツーリングをしてもらおう、という企みです。

クラブのロードラリーだと、オフィシャル兼エントラントですが
今日は店主もエントラントの1人として参加。
コ・ドライバーは…

dsc_0134

10歳の末娘が務めます。
女房殿ともめながら(笑)予習してました。
毎度おなじみ、ドライバーこと私はルートを知りません。

で、いつものコ・ドライバーはというと、バンブーシュートの奥様と
0 Car として、私が参加車両のちょっとしたトラブルに対応している間に
とっとと先に行ってしまいました。

スタートの海ほたるに集まった台数、クラブ員も含めて17台!

dsc_0131

こりゃぁ、いいぞ。
クラブ員もファミリークルー、初顔のクルー、目新しい取り合わせがたくさん。
さ、トラブルも対処したことだし、出発しましょう。

先に出発した0 Car は、2つ目の集合ポイントでお茶の支度をしてくれていました。
グレイスにも置かせてもらっている “Tea Centre of Stockholm” のお茶と、バンブー奥様の
お手製のマドレーヌをいただきました。

dsc_0157

大盛況じゃない。
今日は風が冷たくて、このポイントに来るまでに一瞬雪がちらついたという人も。
体の芯から温まり、旬をふんだんに使ったお菓子は本当に美味しくて。
話も弾み、楽しいテイータイムになりました。

ココを出る頃には、もうすっかり板についた感じ。

dsc_0155

参考までに、2010年7月(3歳9か月)のクラブラリーで彼女は…
ちなみに同じ公園です。

Exif_JPEG_PICTURE

ミスコース1つせず、無事フィニッシュ地点まで連れて行ってくれました。

次の通過ポイントは、千葉を代表する造り酒屋『壽萬亀』
奥の酒蔵を見せてくれました。
時間の流れを感じる杉玉がいいですね。

dsc_0187

赤レンガ『靜』を飛び出して、『動』のイベント。
年2回くらいは開催していきたいと思っています。

dsc_0185

フィニッシュして感想。
読み方、ママとそっくりだから!

さてそのママ(女房殿)のラリーの様子は、こちらでご覧ください。
実は彼女、人知れず自分でもブログを始めていて。
時々グレイスのことも出てくるし、彼女自身の気になることやら何やら。

お時間があったら覗いてみてください。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US