車はとっても高価なものだった

60歳前後のいわゆる店主の年齢あたり。
免許を取った頃のお話。
照準を合わせやすいように、店主の場合。
高等学校卒業後、就職は昭和52年

高卒初任給は 8.5万円
国産大衆車 例えばカローラあたりで 60万円
ミニ欲しいなぁ… 198万

一目瞭然ですよね。

車はおいそれと買えるものじゃ、ありません。
ましてや、輸入車なんてレートの影響もあり…
家で乗っていた車が古くなって、親から譲ってもらう とか、
そうでもしないと、車なんて手に入りません。
まだ先輩が売ってくれるような、そんなのほほんも ない。
先輩だって、やっとこせ手に入れた車だもの。

手を尽くしてもそういう恩恵に預かれそうになくて、でも
どうしても車乗りてーーー!
そんな場合は、自動車販売会社の営業マンになる。

今、車がいくら高額でも
クレジット簡単に組めたり、親御さんが買ってくれたり、

高価? なのかな。
ただの高額 なだけが気がします。

『高価』だと 価値 が 高い
『高額』だと 額面 が 高い

今ドキ、殊日本では額面と価値は必ずしも一致しません。
でも高額なものがいいものだと思ってる人はいっぱいいます。
加えて、新しいものがサイコー。
ですから

古いもの で
手をかけて直して あるので
未だに使える もの

なんて、価値がわかってもらえません。
骨董品はもてはやされるのに。

ちゃんと使える道具でも、評価はそれはそれは酷いものです。
例えば50年、そのまま残ってるだけでもスゴすぎるのに。
それが『今』の材料や技術も取り入れて、整えられている。
グレイスでは倫理観とか、そういうのもモータースポーツの最前線で
学ぶ努力もしてますから、似て非なるものにはなってない。

それ以前の問題で全くと言っていい、古い車は敬意を持って見られません。
使い捨て至上主義、のこの列島においては。
とっても残念です。
少しでも払拭したくて、赤レンガでのイベントも続けています。
確かに維持していくのはいろいろ容易でないけれど、
もっともっとピュアに良さを知って欲しいと、常々思っています。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US