埼玉 蕨に住む兄を見舞い(暑中見舞いです)、日が暮れてから
夫が小6まで暮らした家の跡地へ行きました。

跡地。
現在は『加賀第二公園』区立公園になっています。

このあたりの住所は板橋区加賀。
東大赤門が加賀藩の領主前田家の上屋敷正門であり、本郷の東大の敷地はもともと
前田家上屋敷であったことは有名ですが、下屋敷が板橋にあり地名に名残が見られるんです。
とはいえ、当時を知る面影はほぼ残っておらず、下屋敷の庭園にあった築山がかろうじて
名残を見せる場所は『加賀公園』として整備されています。

夫の育った場所も、古い地図でみると加賀藩下屋敷の敷地内であったようです。
敷地の中を石神井川が流れていました。
これが石神井川。

夫の父は明治生まれの人で、名乗るときは

『加賀の氣谷です』

と言っていたそうです。
出は石川で、こちらへ来てからも加賀藩にゆかりのある場所に住み。
そして夫はここで生まれ区立金沢小学校に学び、父親が亡くなったのを機に縁あって
移り住んだのが金沢文庫。
転校した先は 市立金沢小学校。
かねさわ ふみくら であって、加賀藩とは特にゆかりもありませんが、金沢に何かと
縁のある場所で生きてきました。
あちこち車で立ち寄りながら、娘に聞かれていました。

「パパはこっちの金沢と、今住んでる横浜の金沢と、どっちが好き?」

「東京はいいや…自然がまだまだたくさんあるから、ずっと住んでる横浜がいい」

聖地なんですって。
トキワ模型店です。
さびれた感がないので、きっとまだやってるんだろうな、と夫 談。

路地の奥から入ると、スロットルレーシングのコースがあったそうです。

「等々力サーキットでのレースに備えて、コイル巻き直したりしてセッティングした
マシン(笑)をどれだけ走らせたか。」

店が開いてる時に来てみたい、って言ってました。
思った以上に帰宅が遅くなり、休んだような休んでないような。
でも、昔懐かしい場所へ来てリフレッシュになったんじゃないかな。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US