無事でおめでとう

私事ですが実家の祖母の100歳を迎えたのは、ここで紹介させて
いただいた通りです。

実家の『100歳祭り』は実はまだ続いていて…

なんと100歳になると、国と都道府県(実家の場合は東京都)から
お祝いの記念品が届くんだそうです!

感謝状なる賞状と、こんなお包みには…

中は銀盃!

東京都からは同じくお祝いのメッセージと、伝統工芸士の手による江戸切子のグラス!

なんというか、100年無事でおめでとう。
そして祖母は母を中心とする周りの家族のおかげで今日まで無事なので、その労に
心からありがとう。

祖母の連れ合い(つまり私の祖父)は赤紙が来なかった(体が弱い)人。
9歳7歳4歳、3人の子を残して結核で早々にあの世へ。
祖母のそれからの人生は、それはそれは長かった(そしてまだ続いてる)。
でも、いくら子供が小さくても、そこから20年もすれば全員一人前。
そこからの時間を考えてもいい加減、長い。
孫が生まれ(初孫は私)それが育ち、家を出て行った頃…80歳。

いや…100年ってとてつもなく長い。
よくも、100年も…

アクセス・営業日はこちら CONTACT US