台風一過、家の周りがしょっぱい話
昨日は風が強かったので洗濯を干さなかったのですが…

ベランダ、竿 塩が日の光を浴びて再結晶…
わかりますか…

こんなのがうっかり車のボディに残ったら、たまりませんよね…
そして上の⬆︎⬇︎で示したラインは、ほんのちょっぴりですが奥へ引っ込んでいて。
その段差のところに塩がこびりついてなかなか手強い!

車にもこういう箇所、いっぱいありますよね…
グリル廻りとか、パネルの合わせ目とか、クロームパーツ(ドアプルハンドルとか)の
ボディと接する部分とか、挙げてみると結構あるもんです。
塩はご存じ錆を劇的に促進させますから、気をつけないと!

…でもこれって、沿岸部だけの悩みよね。
私は、この家に嫁に来るまで、東京都の多摩地区に居りましたが、台風が来たってこんな悩みは
ありませんでした。
しかも海の見えるようなところに住んでいるわけでもないし。
でも実は、我が家は高台(海抜43m)とはいえ一番近い海岸線まで直線距離で1.6km 。
台風が巻き上げる海水を、見事に届けてくれていました。
実家の母に言ったら、仰天してました。

地域限定にしても、でも。
海のそばのお店としては、車をなるべく保つために気に留めておきたいちょっとしたこと、です。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US