長すぎる1日が終わり、時差なすでにすっかりどこかへ。
朝からこの旅行での最大の木的、ギヤボックスを目指します。

右側通行も思いの外ストレスなく、(アウトストラーダ:高速道路の進入にまごつき
こっちのいわゆる”ETCレーン” に入っちまったけど)ぺらーっとした景色を進みます。
見慣れた景色と何が一番違うって、羊がいない!
エメリア・ロマーニャ州は食の豊かな地域。
ぶどう畑と思しき風景が広がります。

アウトストラーダの出口でゲートが空かずオタオタしながら、一般道へ。
道が悪いとの前評判だったけど、まぁ…普通。

切り立った崖が遠くに見えてきました…アレだぞ。

道がクネクネしてきました。
日本人には見慣れた道です…ガードレールも結構生えてます。
何れにしても SS 好適 といったところ。

2ヶ月前に小さな工業団地の1ユニットに引っ越したばかりという整頓された仕事場は、
彼の仕事ぶりを思わせるものでした。
先日の Rally Legend で彼が駆った Escort Mk1 が出迎えてくれました。

一緒に仕事をしている奥様は、奥で昼まで通信教育?を受講していました。
ラリーは最初奥様と始めたそうですが、お子さんが生まれてからは乗ってないとのこと。
我が家は娘が小学生になるタイミングで乗り始めましたが…
家業を手伝っててラリーも一緒に乗って、なんだか似ています。
彼女が乗っていたという Talbot が売りに出ていました。

ちょうど午前中でひと通りの用件は終わったので、彼と昼食をご一緒できることになりました。
奥様は午後、お子さん2人の学校へのお迎えなどがあるそうです。

つづら折れの道を進み、いよいよ天空の城へ。
ホテルのチェックインまで済ませて、オススメのイタリアンで昼食。
その後、中心地を案内してくれるそうです!

アクセス・営業日はこちら CONTACT US