ノーチラス号の運命

『ノーチラス号』
グレイスから新車で納めて20年。
オーナーが車を降りたので、グレイスに戻ってきて以来、女房殿の生活の足。
元色はタヒチブルーと名のついたメタリックでしたが、似通ったソリッドの
ノーチラスブルーで塗り直してもらったのは、ココで紹介した通りです。

日々の足で元気に走り、ミニの操作ペダルに足が届くようになった娘が
クローズドコースでミニの運転の練習をするにも大活躍。

そして今年、国内ラリーにも復帰の足がかりを得て、新たな大役。

レッキ車

土曜はショートサーキットへいくので、クラッチなど紺屋の白袴状態だったので
今日しかない!間際はイヤなので整備しました。

イヤイヤ凄かった…お恥ずかしい…凄かったです。
で、今後の計画としては、グラベルのレッキをしてもいいようにアンダーガードを充実。
ブレーキも10インチが履けるように、見直し。

コ・ドライバーからは、レッキをした様子を後で確認する為に、車載カメラがつくように
することと、スマートフォンのステイ(トリップメーターのアプリを使うため)&車内で
充電できるように、レッキ中の環境整備をリクエストされています。

いやはやこの車、1997年に新規登録された時にこんな余生(?)予想したでしょうか。

***

バンブーシュートさんの商品車が、地味だけど結構大事なお直し中。
2日がかりで室内床のプライマー処理とフロアーカーペットの新調です。

カーペットが新しいと、見違えます。
加えてめくってみたら床もサビの処理が施してあったりしたら…イチコロです。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US