思いがけないマシントラブルから一夜明け、再車検を受けてリスタートです。
600am 〜630am 到着時、まだサービスパークは真っ暗。

残念ながらリタイヤとなった #78 のクルーが、サポートに回ってくれます。
コ・ドライバーはつなぎ持参!さすがです!

SS(スペシャルシテージ)は、多くの箇所がいわゆる林道を使って行われます。
ですからステージの途中にアクセスできる場所もなく、こういうステージを見に行くのは
オフィシャルが配備される前から徒歩で中へ入って、そのくらいしか手段ありません。
サテライト会場、ってところがあって公園内に SS の一部が通っていてそこで見られる、
いわゆる『ギャラリーステージ』というのが設けられていますが、それじゃぁ迫力
伝わらないよなぁ…

前日、ほぼ同じ場所で一気に3台(全部)ミニが消えて、リスタートできたのは我々だけ。
これは道の上に残らないと。
グレイスとしても、データが持ち帰れないのでは何をしに来たのかわからなくなってしまいます。
ギャラリーがいても、

「サービスしない」
「派手に走らない」

とにかく淡々と…
と思ってたのにギャラリーステージ(たまたま?!)で、このラリーただ一度のアンダーステアを出し、
縁石に右前を打ち右足廻りの整備が必要になりました。
幸いサービスまでわずかだったので、大事には至らず交換もスムーズに終了。
次のセクションへ…残り SS 3本。

全日本で使用するタイムカードは、複写だったり控えが残ったりしません。
加えてセクション毎に配布/回収されます。
自分の到着時間はロードブックに控えて走っていますが…
万一、抗議の時とか困るかもなぁ…

午後2本目の SS がキャンセルになり(ステージ上に4輪もげてこちらを向いて停まっていました)
残すはあと1本。
夜中に1度降って上がっていた雨が、午後また降り出しました。
最終 SS が済んだら、霧が!

なんとか道の上に残ることができました。
チームの数名と娘が、フィニッシュのゲート前で迎えてくれました。
娘も両親にほったらかされることにすっかり慣れ、サービスで楽しく過ごしていたようです。

どこで広げても、うちのチームのサービスは最強です。
車のセッティング、サービスの細かい中身、いろいろ勉強になりました。
続けて人の目に触れれば、きっと何かが伝わると思っています。

最後に、海外ラリーと大きく違うこと。
その日のうちに、人も車も帰ってこられる!

応援ありがとうございました!

アクセス・営業日はこちら CONTACT US