私の朝の友掃除機
かなり気に入っているのですが、細かい機能にガタが…

で、部位ごとに部品で購入しようと思ったら…クソ高い!
ホースとヘッドの部分、まとめて買ったら新品に手が届くんじゃないか?
っていう微妙な値段設定。
加えて憎たらしいことに、極めて壊れづらい部品の値段は安い。
これは確信犯ですよ…

保守部品は用意しなきゃいけない
でも安いと部品交換しちゃうから掃除機が売れない
だから部品の値段設定を高くする
当然売れないから倉庫にうなってて、場所とって迷惑
で、廃番から時間が経って売れなかった分大量廃棄

もー手に取るようにわかります。

掃除機本体(吸引するモーター)が堅牢、周辺部品の交換を推奨して
クリーンでエコな商品の開発とアフターマーケットの充実、そういう思考に
どうしてならないんだ。
長く使えるとわかっていれば、ぞんざいに扱うこともしないでしょう。
ちょっとダメになったらすぐ買い換える、その「ちょっとダメ」にしてるのも
ひょっとしたらちょっとした扱い方の積み重ね、ってことだって十分あり得ますよね。

やれやれ。

ストックしておいた保守部品も今朝、交換しました。

ヘッドの部分、どうしようかなぁ
最低限の部品だけ買って、直すか…

***

リビングの一角。
朝日を受けるクリスマスカードもまた一興。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US