このどん詰まりで連休

不可抗力とも言えましょうが、暮れ差し迫って祝日とは毎年しびれます。
でも、退位しちゃうらしいので来年からはこの日はなくなるのよね?
イヤ、昭和時代の天皇誕生日は平成の御世になって『みどりの日』と姿を変え、
GW をがっつり休ませるのにひと役もふた役もかった、そんな都合のいい祝日。
4月29日だったのに、そろりそろりと動いて憲法記念日と子どもの日の
谷間にちゃっかり収まって連休を構成…やれやれ。

昭和天皇は植物に造詣が深かったから、みどりの日。
今上はハゼの研究者らしいから、来年からクリスマスの前の日は、ハゼの日?
もうちょっとケムに巻いて、生き物の日?
海の日、山の日(8月に祝日がないから、なんちゅー理由じゃ!)なんてのも
増殖したっけね…

やれやれ。

***

今日は店へ出る前に、近所の豆腐屋 『豆吉』さんへ。
迎春の食材を予約してあったので、受け取りに行きました。

 

.

ゆり根と銀杏ひろうす(がんも 左)とおからを買い求めました。
今晩は、鶏の肉団子と大根とで煮るとするかな…
(3コあったのを買い占めちゃったので画像なし笑)

その足で、『和菓子舗 さかくら』さんへ(おかみさんのinstagramが美しいんですよ…)。
いつもいつも進物でもないのに丁寧にお包みもったいないなぁ、って思ってたので…
今日は持ってきました。
通い籠、とでもいいましょうか、イメージ的にはサザエさんの世界。
お豆腐買うのにボール持って買いに行く、あの感じ。

ゆり根きんとん(実はコレを買いに行ったのです❤︎)ゲット!
それと季節の上生菓子を少しだけ買いました…ホントは全種類欲しいくらい。
朝からすごく豊かな気持ちになりました。
こういう景色を見てほっこりする乗って、一応日本の美意識でしょうか…

さて帰宅後。
大急ぎで大根を小振りに茹でて、本日の主役 ゆり根銀杏ひろうす(がんも)と鶏団子とを
煮含めました。
『ひろうす』がんもどきを西の方で飛竜頭と書いてひりゅうずと呼ぶことは知ってましたが、
ちょっと調べたら、語源はポルトガルのフィリョース(filhos)に漢字をあてたものですって!
フィリョースは、小麦粉に卵を混ぜ合わせ油で揚げたお菓子なんだそう。
ご存じ『がんもどき』は雁(がん)の肉に味わいが似ていることからついた名です。

これに、予め西京味噌で漬け込んでおいた鰆を焼いて、連休の中日(我々関係ないけど)は
純和食の晩ご飯です。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US