暮れていく、暮れていく

巨匠から娘へのクリスマス。
12月1日になったら開けてね、との但し書。
アドベントカレンダーでした。

アクセサリーが1日1つ。
巨匠も洒落たことを…

ネックレスも入っていました。
暮れのパーティーにぴったり、って言ってました。
もうまるで大人、今年はどんな装いになるのかな。

***

お客さま(のお父さま)から、大地の恵みをいただきました。
デカさをわかって欲しくて、包んであった新聞紙そのままに撮りました。

立派!

大根…ウキウキします。
朝、大根ステーキの支度をしてきました。
それから薄切りにして、ひと塩してからほんのり昆布を効かせて甘酢漬けにしました。
2日くらいしたら、きっと食べ頃。

若い頃にお茶を熱心にしたせいか、季節に敏感に過ごすのが楽しい私です。
リース作りに精が出ちゃうのも、そう。
実りを喜び名残を惜しんで、冬の枯れる季節は静かに春を待つ。
クリスマスだからリース!そういうことじゃなくて、そんなのが気に入ってるみたいです。

週末、リース作りをするお約束をしてるんですが、アレコレ集めてもう楽しいったら。
リースには土台が必要ですが、先週末にちょっと近くの川沿いを歩いて土台になる素材やら
飾る実やら、探してきました。

いけばなはちょこっとかじりましたが、アレンジメントは習ったことないので
まるで自己流なんですけど、楽しくできてキレイならそれでよし笑
例によって、地味になること必至ですが…

 

アクセス・営業日はこちら CONTACT US