ベルクロ交換、了。

妙にスッキリした印象。
何をしたと思います?

パイピングのケバケバ(毛玉の一歩手前みたいな)取り!
昔ながらの糸切りばさみの刃が、しっかりした線のパイピングにピタっと沿って、
ショキショキいい塩梅でした。

娘のお下がりを友達の子に送ってたんですが、毛玉は悉くハサミで除去して下げてました。
おふるとはいえ、なるべく使用感は消し去りたいですよね。
子供の服って好みが激しく分かれますから、おいそれと下げられない。
下がってきて困ったことも、実はあります。
幸い好みの近い古い友達のところが、娘より年下なのでどんどん送ってました。
こちらは遠い場所(秋田です)でまだ役に立っている、っていうささやかな喜び。
あちらではすぐサイズアウトしちゃうから助かっちゃう〜。

せめて気持ちよく使って欲しいから徹底的に毛玉取り、夜中にショキショキやってたら
少し前のことを思い出しました。

***

今年、お年始に用意していたお菓子。
夫のルーツである金沢の 郷土人形、加賀八幡 起上がり人形 を模した最中です。

仏壇に恭しくお供えしていたら、賞味期限!
今晩にでもお相伴します。

このお人形を作り続けているのが、近江町にある 『中島めんや』さん。
2014年の墓参りの時にお店へ立ち寄ったことをココでも紹介しました。

今では近い親戚もあちらにはおらず、お墓があるばかりなのですがでも、せっかく縁のある
土地(ご先祖様たちの土地)のことですから、知れば知るほど遠い金沢の地が近く感じられる
じゃないのかな。
娘にもそういうこと、知っておいてもらいたい。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US