今日は定休日…じゃないとしづらいことをしました。
休み中は、『普段できないこと』シリーズでしたが。

家の車の整備。

どうしても、慢性的にお待たせしちゃってる感、否めないので。
ノーチラス号の整備です。

毎度おなじみ(?)紺屋の白袴 的…危ないし。
それからこの子グレイスに戻ってきて『国内ラリーのレキ車(ラリーの試走で使う車)』という
使命を負いました。

なので、ソリもつけちゃおう…

ソリ?

雪のラリーにエントリーしました!
Rally of Tsumagoi 国際格式に混ざって、オープンクラスでのエントリーです。
(あ、まだ受理の連絡はきていないんですが…汗)
11月のおしまいに、ちょこっと匂わせましたがお気付きでしたか?
私が出るクラスは競技車での試走が認められてはいるのですが、試走と本番は分けたい。
万一のリスクは避けたいですし…

昨年(になってしまった…)のマン島ラリーのキャンセルをチャンスに、国内用の競技車を
仕上げてどうにか11月の全日本ラリー最終戦への参戦までこぎつけました。

老若男女、誰でも知ってるどこを走っても人気者のミニが、こんなにパフォーマンス高い

ってことを、知って欲しいんです。
でもって、海外での経験も積んでるグレイスにお任せいただければ、ガラスのように
神経質でもろくて賞味期限が極端に短い現代車に勝るとも劣らない戦闘力を発揮できます。
すんごい速くはないかもしれない、でも操る楽しさや喜びはどう見ても現代車以上。
乗り手のスキルが求められて、車とコミュニケーションが取れれば、不思議と引き出されるように
スキルが上がっていく。
そういう面白みがあります。

ラリーストはもちろんラリーに憧れてる人に、もっと知ってもらいたい。
新しいだけが、いいわけじゃない。
国内で使っている車両は、ローバーミニ。
どんがらのボディシェルが買えます。
つまり、いよいよの時は取り替えがきくってこと。
諦めなくてもいい、ってこと。
部品もあるしね。

雪のラリー、久しぶりだなぁ。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US