嬬恋ラリーふりかえり ーサービス編ー

ちょっと箸休め。
今回はラリー中の心の拠り所、サービス編。

サービスは車両の整備をするだけでなく、クルー(ドライバー・コドライバー)の
つかの間息をつく場所でもあります。
我々が走っている間、何事もなければサービスはヒマ。
いわゆる「便りのないのは、良い便り」というヤツです。
おかげさまで今回は、走ること自体が大変すぎでしたがスピードといい何といい当座の車への負担は
ほぼなかったので、消耗品の交換も足回りなどのダメージも一切ナシ。

でもひとたびアクシデントに見舞われれば、万全の体制で復旧に向けて全力を尽くしてくれます。
時間の制約、届出の義務…もちろん規則に則って。
もちろん夫が自分でもしますが、予め連絡を入れておくことで部品などのスタンバイ、もし足りない
道具があれば近隣のサービスで調達してくれておいたり、限られた時間の中での作業ですので
時間の短縮・的確な整備ができます。
サービスが控えていてくれてこそ、ラリーは成り立ちます。
日頃の皆々様の車と、一緒かな。

限られた中で整備と並行して、食事やトイレなども済ませねばなりません。
多くの男性は、いよいよになったらどこでも用が足せますが、女はさすがに…
(海外なんかはいますけどね!)
ここ数年の我らがチームの食事情は劇的に改善しまして、今回は体が温まるものを中心に
おでんにカレー、釜めし赤飯、雑炊やらカップラーメンやら様々支度してくれました。
上の写真は3日目の昼ですが、サービスクルーは競技車を送り出してから遅めの昼食。
ありがたいことです。

マン島で、小学校に上がった年からラリー中は両親に置いてけぼりを食らっている娘ですが、
もう6年生…サービスに居てお手伝いとして彼女なりに役に立とうとしています。
昨秋の新城ラリーの時にサービスの時間管理を教え、今回は意識してやっていました。
自分でできることを見つけて…ホイールハウスからどさっと落ちた雪をスコップでどけてました。
食事の世話を焼いてくれたのも彼女です…大きくなったなぁ。

周りを見ながら自分で考えて動く、いい勉強だと思います。

全日本ラリーであろうが、マン島ラリーであろうが、やってることは一緒です。
粛々と、できることをする。

大きな企業がスポンサードしたチームのサービスに、社員を送ってくることがあるそうです。
限られた中で最大限の仕事をする現場を具に見て肌で感じる、もしできることがあれば見つけて
一員として動く、いわゆる人材育成の観点で人が来ることがあるとか。
マシンに企業のステッカーを張って広告宣伝、それだけでなくインサイドから現場を見る機会を
スポンサードすることで得る、そういうことなんだそうです。

さて。
行ってみないとわからないこと、サービスでもいろいろありました。
ストーブは本当に暖かかったです。
横幕で仕切ってしまえば、暖かい空気も外へ逃げずにナベの蓋を開けて湿気も…

どっこい。

湯気はテントの屋根?の内側で結露して凍り、時間が経って氷の粒となって下へ落ちてくるんですって!
それから横幕。
いつもは遮光に大活躍なのですが、今回はバッチリ仇になりました。
横幕で風を遮って、陽差しまで遮っちゃう。
なるほど周りを見渡せば、みんな横幕は透明。
温室やサンルームのように考えればいいんですね。

思えば、山の上のマーシャルテントも…

やってみなきゃわからないこと、たっくさんありました。
これも経験、お勉強。

嬬恋ラリーふりかえり ーコ・ドライバー編ー へ つづく

アクセス・営業日はこちら CONTACT US