タイヤの径
道の問題
タイヤの種類
現代車と現代タイヤの走った後の道の状況

チェーンは論外です。

今回は意地で 10in 、って訳じゃなくて、頃合いのタイヤがなくて。
前述の通り、現状のうちのマシンに履けるラリースタッドレスはありません。
限られた情報の中で、2つのメーカーのマッド&スノーを取り寄せました。
思えば、ただのスタッドレスタイヤを持って行った方がよかったのかも。
あと2本だけ、かなり少なめですがスタッドを打ったものを用意しました。
路面が厳しかったら、どうにか走り切る為の切り札として掛け合うつもりで。
(実際、聞き届けてもらいました)

今回走ってきて道の様子がまぁわかりました。
やっぱりスタッドないとキビしいので、また挑戦するならそこはどうにか…

チェーンは論外です。
亀甲タイプがどうしても手に入らなくて、やむなくハシゴをパンパンに組んで持参。
「ないものは作る!」(現場でベテランに言われました…)って言われても、一生懸命作ったところで
車へのダメージは避けられないしさぁ…

本戦中、何が困ったって…進まない、上らない。
カウントダウンしてスタートしてもグリップしません。
掻きまくり〜
上りなんか全然のぼってかない〜!
後ろから追いつかれちゃって、仏心出して道を譲ろうものなら…下がって勢いつけないと
上らない〜

やっとこせスピード出るのは、下りのみ。
スピード出せても、路面の変化が目まぐるしいから調子に乗ってるとカーブで止まれない〜
車載カメラ見ても、遅い〜

おもしろおかしくふりかえってきましたが、そろそろおひらきにしたいと思います。
最終回はシメに、娘の目線(写真)でラリーを振り返ります。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US