何のこっちゃ?

Manx National Rally でっす。
毎年5月に開催されています。
今年は今週末。
海の向こうにいるラリー仲間がレッキをしている様子が、SNS などで伝わってきます。
マン島には四輪の大きなラリーが3つあり、その1つ。
TT シーズン到来前に行われるのがこのラリー。
これが終わると、島の名物である TT( Tourist Trophy)のシーズンへ突入します。

去年の Rally Isle of Man 流局で、このイベントどんな風になっていくのか
注目していました。
ずっと特別規則書から注視していましたが、補償の絡み、車の送り出しの絡み等々、
タイミング的にこのラリーにエントリーするのは厳しかったので、今年は見送り。
でも、ステージとか見る限りこのイベントが先々軸になっていくのかなぁと思ったり。

Rally Isle of Man(RIOM)のここのところの名物だったループステージはもちろんナシ。
ステージを2周して、1分毎にスタートする車両と絡む可能性がある、そういう設定。
走っている方は楽しいんですが、運営サイドからすると安全面でやはりリスクが高い。

ロードブックを見ながら、行ったつもりで女房殿とあーだこーだ。
来年は…こっちかな…

で、今年どうするか。
グレイスの店主としては、散々発信していますが「作るために走って」います。
走れなきゃ、車なんて作れません。
1990年代の十余年の活動とは違って、2009年の復帰以降は共に苦楽(?)を共にする
頼もしい仲間ができました。
ドライバー・コドライバーだけでなく、サービスもラリーには欠かせない存在です。
ラリーに携わると、生き様が変わる…仲間たちが口を揃えていう『実感』です。

で、今年。
今年はずっと気になっていたベルギーに行くことにしました。
諸手配まだですが、そろそろシッピングの予約入れないと!です。
奇しくも今年60周年のラリー。
私も60歳、加えて言うならラリーを初めて30年。

今年はどんなラリーになるかな。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US