おじちゃんともう1回、一緒にラリーに行きたい。

疾病により車いす生活になってしまった夫の長兄を、ホームに見舞いました。
休みの日は、野暮用を済ませてからわずかな時間でも顔を出すようにしています。
ちょっと距離あるんですけど、ね。

冒頭のひとことは、間近に迫ったラリー参戦のための渡航の話を聞いていた
娘がポソっと言ったひとこと。
娘からすれば、両親はラリーとなると目の色変えて自分をほったらかしにして(笑)
おじちゃんに預けてとっとと行っちまう…
だからラリーの間はいつもおじちゃんと一緒。
小1の時から、いつも一緒。

今年は…いない。

***

5pm 頃、そろそろ帰ろうと席を立とうとしたら。
常駐してる理学療法士さんが、長兄の元を訪ねてくれました。
「お食事の前に、立つ練習しましょっか。」

そこで我々はおいとましたのですが、廊下へ出ると…

両手で体を支えて歩く訓練をする、いわゆるつたい歩きの器具が運ばれてきてありました。
どこまで叶うかわからないけど、専門家の導きで希望に少しでも近づけるように訓練を
できるのは、本当にありがたいことです。
一番面食らっているのは、本人。
戦ってるのも、本人。

車いすでも行けるよ!
クリアしなければいけない問題も、もちろんあるけど。
でも、絶対叶わない夢じゃない。

まずはリハビリがんばろう。

Next Post
アクセス・営業日はこちら CONTACT US