勝手に〜しちゃいけないと思った

思いがけないことを聞くことがあります。
これだけ聞いても、さっぱり意味わかんないですね、

例えばですね…

★ 勝手にワックスかけちゃいけないと思った
(リペイントしたのに全く手入れをしない人に声をかけたら)

★ 勝手に空気入れちゃいけないと思った
(タイヤに空気を入れないで立ち往生したスクーターの人に声をかけたら)

★ 勝手にオイルとかいじっちゃいけないと思った
(オイルなくなるまで走っちゃって、エンジン焼きつかせた人 談)

→ こういう人は、点検のご案内を送ってももれなくスルーです。

番外編(落語の小噺みたいですけど…)

★ えー勝手に抜いちゃいけないと思った
(とあるレースの予選ですげー速い車に乗ったドライバーがおかしな動きしてて)

つまりこれは、何かというと

聞けない

彼らに言わせると、プライドが許さないから人にものを尋ねられないんだそうですよ。
ホントは聞きたいのに。

「知ってる」ってのも困ったもんです。
知ってるけど、わかってない。
知ってるだけ。
それじゃ、トリビアだよねー。

人間が他の動物と決定的に違うのは、道具を使うこと。
目に見えない道具、知識も立派な道具です。
引き出しに詰め込んだ知識(道具)を使わないのは、宝の持ち腐れもいいところです。
詰め込むだけ詰め込んであって、使い方がわからない?
ひょっとしてその人には必要のないものもいっぱい入ってる?
ブタに真珠、的な?

使おうよ。
使わないなら、いらないじゃん。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US