贈り物?と贈られ?物

贈り物というほどのことはありませんが、お客さまと知り合いとに我が家の小さな庭に
植わっている低木の苗木をさしあげました。

コムラサキ です。
園芸店なんかでは『ムラサキシキブ』と売られています。
夏は薄ピンクの小さな花を咲かせます。(右下方へ伸びる枝がコムラサキ、昨年の夏)

秋にかけて結実し。鮮やかな紫色の小さな実をたくさんつけます。
そのまま活けてよし、葉の水揚げが難しいので実を残して葉は取り除いてドライにしてもよし、
いろいろ楽しめます。
左へ伸びる枝、菊いろいろと。(これは今日活けました)

去年の我が家のリースにも。

枝をバサバサ手折って活けて楽しんでも、翌年にはニョキニョキ伸びてくれて毎年楽しんでいます。
ほったらかしが信条?の我が家の庭でも元気に育ってくれます。
実が落ちて翌年芽を出して、私に引っこ抜かれることなく大きくなった苗木が3本。
台風後、ジャングルのようになった我が家の庭でたくましく育ち、人知れず花をつけ実を結んでいました。

知り合いに渡そうと思って店へ持っていってあった苗木がお客様の目に止まり、興味がありそう
との夫の印象だったので、実が付いているほうの苗木をさし上げました。
とっても喜んでもらえたようで…モチベーションが上がる!とそれはお喜びだったそうです。

***

思いがけない頂き物、贈り物、は確かに気分が上がります。
月曜日、夫は朝っぱらから床屋へ行っていたのですが、朝採れ大根のお裾分け。
しかも、床屋さん(おばちゃん)は「おたくなら余すところなくお料理に使うでしょ?」と
すっかり見透かされていて。
なんて立派なんでしょう!

えぇ確かに、旬の時期の大根は皮も頂くので捨てるところがありません。
昨日(定休・月曜・祝日)は、珍しく私に日中出かける用件があったので、夫と娘とは別行動。
晩ご飯がすぐ食べられるように、おでんの支度をしていきました。
大根の皮がしこたま出るので、千切りにして気持ち乾かしてきんぴらにしようと思っていたところへ
大根葉がやってきた!
急遽、葉の付け根に近いところを更に細く切ってきんぴらに加えました。
葉の柔らかいところは菜っ葉飯に使います。
それでもまだあるので、細かく刻んで手前味噌とみりんで炒り煮にしました。
本体はまだ使っていないので…ふろふき大根、ブリ大根、里芋とイカあたりで炊いてもいいですね…

あぁモチベーション上がる。

Next Post
アクセス・営業日はこちら CONTACT US