旅のおまけ シーフード美味し

今回のイタリア行きは、一人。
一人だといけません…食がなおざりになってしまいます。
アウトストラーダ(有料高速道路)のサービスは、十分すぎるくらい美味しいのですが
(特に ◎ なサービスチェーン、わかっちゃいました笑)いかんせん量が多い!
昼時なんかそれこそ2〜3人いればシェアできるんですが、どうにも多くて。

夜は泊まるホテル/街(町?)によってその事情は変わります。
ま、どこを旅しても一緒です。
奥まってるのに明るくしてないホテルなんか、目の前を何度も行き過ぎたりして
やっとの思いでたどり着いてもあるはずのレストランやってない…とか。
スーパーで惣菜買って、部屋で食べる単身赴任のお父さん丸出し…

でも、惣菜はどれも美味。
フリッター(いわゆる揚げ物です)も、シーフードなどなかなか気が利いてて。

感覚的にやっぱり大都市は性に合わない私。
田舎には(都会から離れると)、目当てのものもいい状態であります。
レストランはというと、8pm くらいから開く店が多いようです…で、時間になって行くともう満席!
お店がかなり限られているからなんでしょうか…

やっぱりシーフードが美味!
2種類の魚/貝のダシが濃厚な、リゾット。
開いた貝っていう貝にリゾットが詰まってるんで、豪快!
食べづらいけど美味!

このフリッターは、日本なら刺身で食べられるようなネタ(?)を短い時間揚げてある模様。
表面はカリっと、噛めばプリっと。(食べかけですいません…)
ちなみにいずれも、お皿は日本で頂くそれよりずいぶん大きいので…すごい量。

きっとお肉も美味しいんでしょうが、どうしても魚介好きなのでそちらに目がいってしまいます。
そして味付けがシンプル!
素材の味とダシのうまみ、あとは塩コショーとシーズニングですね。
美味。

昨日、家へ土産に買ってきた『きのこのリゾットの素』を晩ご飯に食べました。
調理担当女房殿によると、味(塩とか)はついておらず最後に味を整えたそうです。
仕上げのシュレッドチーズが本場っぽい仕上げで美味しかったです。
(前夜の残りのロール白菜と頂きました)

イギリスの食事も私的には不満は全然ありませんが(不平不満を洩らす人は多いようですが…)、
食材が豊富なだけイタリアの食は豊かだと感じ入った、今回の旅でした。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US