Category Archives: 世の中のこと

人は気付きの生き物です

By | BLOG, グレイスはこんなところ, 世の中のこと | No Comments

車検整備でしか触らない、つまり2年に1度しか拝見しない車両。
せめて法定12か月点検はと、ご案内を出しても 0になることはありません。

不調を感じてくれればいいのですが、そのまま。
何と乗りづらかったろうよ!と思うほどの、足廻りやらブレーキ廻りやら。
不快なだけでなく、とっても危ない。

整備不良で元来持つ運動性能を発揮できない、こんな危ない話はありません。
異変や兆しに気付いていれば大ごとにならずに済むこと、たくさんあります。
とはいえ日々使っていると、いい時の車の状況を忘れがち。
わぁこんなにヘタってた…ってことも。
気付きに自信がなかったら、せめて定期的に実家(グレイスです)に
里帰りをさせてやってください。

人は気付きの生き物です!
アンテナ張って、感度を上げて!

日々いろいろ感じ取りましょう。

車検もだんだんおおごとに

By | BLOG, グレイスはこんなところ, 世の中のこと, 四季おりおり | No Comments

年式の新しいミニの車検です。
新しいといっても、50年という長すぎる製造期間からすれば
新しい、というだけのことです。

IMG_5487

要全バラし。
新しかろうが(そもそも新しいのは気のせいです)やることは皆一緒です。

ちっとも新しくないので…

***

帰宅すると、玄関になんかぶら下がっていました。

IMG_5482

スワッグというそうです。
2週間くらい前に花屋で買ってきた花を、アレンジし直し。
ブルーアイスっていうコニファー(もみの木の仲間)と、野いばらの実。

IMG_5484

クリスマス気分なんてゼロですが、粛々と暮れは近づいています。

光が世界を照らす

By | BLOG, 世の中のこと | No Comments

もちろんこういうものは、女房殿が見つけてくるんですが。

このガラスジャー。
ソネングラス Sonnenglas っていいます。
ドイツ語ご存じの方には大ヒントですねこの名前。

一見、なんの変哲もないビンですが…

IMG_5312

フタに LED ライトが仕込まれています。
しかも、フタの天がソーラーパネルになっているんです。
スイッチも雰囲気にマッチして作りで、仕組みもシンプル

IMG_5311

リサイクル素材を70%以上使用して、環境にも優しくて。
南アフリカで作ってるそうですが、雇用を生み出すほか南アフリカの貧しい地域に
安全な明かりを届けていると密かに話題です。

中に入れるものの工夫ひとつで、おしゃれな照明にも。
100均で買ってきた造花を入れてみました。
厚みが均一でないガラスがいい具合に光を散らして、なかなか趣があります。

IMG_5314

最大12時間持つそうです。
USB でも充電は可能。
でも太陽光が手間要らずでいいですね。
万一、例えば災害時なんかも充電に手間を取らないので、重宝しそうです。
光はあるだけで幸せになります。

この商品、面白い演出が。
箱にポストカードが3枚同封されているんです。

ソネングラスを使うとき、それは日常から少し距離を置いたときに
訪れるでしょう。その貴重なひとときに、ソネングラスの灯りのもと
で大切な誰かにメッセージを送ってほしい、そんな想いのもと3枚の
ポストカードが同封されています(以上原文ママ)

ランタン風の明かりがもたらす雰囲気は、やはり非日常。
ゆったりと流れる時間が生み出す豊かな心持ちに満たされながら、アナログな通信手段で
大切な誰かと繋がってほしい、なんかわかる気がします。
加えて1枚には、すでにとある住所が印刷されていて、南アフリカはヨハネスブルグで
ソネングラス生産に従事している人たちに届くんだそうです。

公式ウェブサイト

Season’s Greetings 追い込み

By | BLOG, グレイスはこんなところ, 世の中のこと, 四季おりおり | No Comments

毎年この時期、海外への季節のご挨拶準備に追われる女房殿。
サプライヤーの中には、年齢層の高い集団もいて(笑)クリスマスってぇと
がっつり休む。

…いいんです、いつも勤勉ですから。

送る人のことを思っては、思いを巡らせて自ら作業を大変にしてる彼女。
去年 その前 もっと前
で、今年のクリスマスカードは…

娘が Riley Elf を描きました〜

IMG_5298

文字と色塗りは女房殿。
遂に人の褌で相撲を取る手段に出ました笑

***

さてさて。
歳をとって、新しいことを始めるのはスゴいことです。
ただ、急にやみくもにしても、自分が困り周りが迷惑します。

歳をとっても、先に始めてる人は先輩。
先輩の話には、耳を傾けましょう。

それが一番の近道。

IMG_5300

車はとっても高価なものだった

By | BLOG, グレイスはこんなところ, 世の中のこと | No Comments

60歳前後のいわゆる店主の年齢あたり。
免許を取った頃のお話。
照準を合わせやすいように、店主の場合。
高等学校卒業後、就職は昭和52年

高卒初任給は 8.5万円
国産大衆車 例えばカローラあたりで 60万円
ミニ欲しいなぁ… 198万

一目瞭然ですよね。

車はおいそれと買えるものじゃ、ありません。
ましてや、輸入車なんてレートの影響もあり…
家で乗っていた車が古くなって、親から譲ってもらう とか、
そうでもしないと、車なんて手に入りません。
まだ先輩が売ってくれるような、そんなのほほんも ない。
先輩だって、やっとこせ手に入れた車だもの。

手を尽くしてもそういう恩恵に預かれそうになくて、でも
どうしても車乗りてーーー!
そんな場合は、自動車販売会社の営業マンになる。

今、車がいくら高額でも
クレジット簡単に組めたり、親御さんが買ってくれたり、

高価? なのかな。
ただの高額 なだけが気がします。

『高価』だと 価値 が 高い
『高額』だと 額面 が 高い

今ドキ、殊日本では額面と価値は必ずしも一致しません。
でも高額なものがいいものだと思ってる人はいっぱいいます。
加えて、新しいものがサイコー。
ですから

古いもの で
手をかけて直して あるので
未だに使える もの

なんて、価値がわかってもらえません。
骨董品はもてはやされるのに。

ちゃんと使える道具でも、評価はそれはそれは酷いものです。
例えば50年、そのまま残ってるだけでもスゴすぎるのに。
それが『今』の材料や技術も取り入れて、整えられている。
グレイスでは倫理観とか、そういうのもモータースポーツの最前線で
学ぶ努力もしてますから、似て非なるものにはなってない。

それ以前の問題で全くと言っていい、古い車は敬意を持って見られません。
使い捨て至上主義、のこの列島においては。
とっても残念です。
少しでも払拭したくて、赤レンガでのイベントも続けています。
確かに維持していくのはいろいろ容易でないけれど、
もっともっとピュアに良さを知って欲しいと、常々思っています。

意味あんのかな

By | BLOG, グレイスはこんなところ, 世の中のこと | No Comments

午前中は、片っ端からシリンダーヘッドをバラしました。

IMG_4893

あぁどれだけあるんだよ。
午後からは、自動車整備主任者の講習に行ってきます。
9割方、グレイスでお世話する車には関係のない話ばっかり。
自動車の安全とか、そういうものにはかすりもしません。

意味あるんだろうか…毎年そう思います。

 

コレだからマスコミは見ない

By | BLOG, 世の中のこと | No Comments

我が家はほとんど、ニュースを見ません。
特にテレビのニュースはお断りです。

新聞もハッキリ言ってお付き合いで取ってるんですけど、先日こんな見出しが。
記事はこちらから見られるかな?

IMG_3524

こういうのを読んで慌てて塾に入れたり、かと思ったら部活やらせて「時間長い!」
なーんて学校に乗り込んだりするのか?

(記事に、ある複数の県によっては部活をやってる、しかも少なめの時間 の生徒の
思考力が高いとの記載がある)

思考力が育まれないのは、そういう教育をしていないからでしょ。
教育を産業にしてるから、評価が全て。
評価を明確に出すのは、テストが一番。
だから、知識という仮面を被せて暗記をやらせる。

暗記をいくらしても、知識にはなりえない。
引き出しに入っていても、使えない。

だから、おびただしい数のテストを繰り返して、学歴を積み上げても
深みのある人生は保証されない。
確かにやり遂げるという経験も必要だけど、テストにパスすることはゴールじゃない。

子供の思考力を案じてますけど、この記事を書いたり読んだりする世代(つまり
私を含め大人)が、ヤバい。
これを読んで、何も考えずに塾に入れたりしないでもらいたい。
自分で考えないと。

「新聞に書いてあったからそーした」

とか言って、人のせいにしないでほしい。
ちゃんと判断しようよ。
責任持とうよ。

せっかく、ちょっといいことあったのに。

気分悪いから、それはまた明日書くことにします。

せっかちの輪

By | BLOG, お休みの日, 世の中のこと | No Comments

国際免許の手続きにくるのは、毎年この時期。
あとわずかだと、煽られるイベントのひとつです。

女房殿も気になっていましたこの『紙』。

IMG_3329

記載台という記載台に、こうやってプリントしたものがクリップで挟まれています。
コレ、毎日やってるワケ???
リサイクルしてるからいいんですとか言うなよな?
どこかに大きく掲示しておけば済む話だよな?
税金だってわかってやってるよな?当然

そもそも国際免許自体、どうかと思ってるのに。
追い打ちでこーゆーことされると、ホントムカつきます。
国際免許、イギリスでもオーストラリアでも、一切見ませんからね。
オリジナルを見て終わり。
本籍地の場所も空いてるんだから、英表記すりゃ済むんだよ。
写真のサイズだって、そこらでホイッと撮れるサイズじゃないし。
いちいち気に障ります。
っていうかおかしい。

***

RIOM(Rally Isle of Man)のエントリーが 150台に達し、早々にエントリーが
締め切られました。
イベントが国際格式に戻って2年。
ローカルと小競り合いをしていた頃が懐かしいねぇと、昨日
#785 のドライバーと話していました。

さて、今年もミニは 20台超え。
今をときめく Escort はともかく、ワンメイクでこれだけの台数が集まるのは
他のイベントには例がなく、ちょっとした異常現象。

その 20台たちの多くが、我々も含め 7月の中旬までにエントリーを済ませており、
ミニのエントラント達がせっかちな傾向にあることが垣間見えます。
巨匠と仰ぐ Peter さんももちろん、相当のせっかちであることが予想され…
7月末には、ラリー後の我々の Norfolk 訪問について勝手にアイテナリー(旅程)を組んで
広域マップ2種とエリアの観光ガイド(£5.00)を一緒に送ってきました。

IMG_3345

IMG_3346

手紙には、行きたい場所を選んどけって書いてあるし。
ンもー!せっかちなんだから。
そろそろ返事しないと、せっつかれそう。

彼方から

By | BLOG, グレイスはこんなところ, 世の中のこと | No Comments

サンチャゴ・デ・コンポステッラ

舌をかみそうですが、キリスト教の巡礼地の一。
フランスからピレネー山脈を超えてサンチャゴ・デ・コンポステッラへ向かう
その巡礼路は、世界遺産に指定されています。
(画像は wikipedia から)

Pilgrims

娘の絵のお師匠さんが、790km を無事コンプリートしてきたそうで、
サンチャゴの修道院のクッキーを届けてくださいました。

IMG_2865

全ての窓という窓には鉄格子、一度入ったら二度と出られない…
ボタンを押すと、中で作っているクッキーを売ってくれるそうです。CH
「神に仕える為に自ら門を叩くんだろうし、そんな設備必要ないんじゃあ?」
との女房殿の問いに、お師匠さん曰く

昔はいわゆる口減らしで連れてこられる人(子)も少なくなくて、そういうことらしい…

ははぁん、そういうことか。
で、遠い国からやってきたクッキーは、こんな感じ。

IMG_2867

クッキーの下に敷き紙があるのですが、これはサンチャゴで発行されているものの
いわゆるロストペーパー?を使用している、とのことでした。
サクっという食感ではなくて、とにかく素朴な味でした。

***

今日の横浜は湿気がひどくて。
呼吸器がカビるんじゃないかしら、ってくらい。

そんな中今日のグレイス前も鮮やか賑やか。
心なしかグリーン系が多い目には爽やかな車が集まっていました。

IMG_2870

ところで…

明日旗日って本当ですか?

アクセス・営業日はこちら CONTACT US