いただきま…す

By | BLOG, グレイスはこんなところ | No Comments

昨日、加工屋さんが仕上がったブツを届けてくれたのですが?。

「他にないの?年内に間に合わせたいヤツとかさ?」

えぇありますとも。
急いでバラすのでお待ちくださいってば…

こっちは A30 に使う分です。

IMG_5389

午後からは奥の Morris Marina のエンジンを。

IMG_5391

***

もうずいぶん前に、グレイスで直接自動車保険を扱うことはしていません。
エキスパートに全てお任せしています。
安心、安心。

で、自賠責保険だけ扱っているのですが…
先月?とその前かな?キャンペーンで

前年比 +12件!

オンラインで、キャンペーンの上位にグレイスの名前があって、おや〜 って思ってましたが…

IMG_5394

今日、自賠責のお知らせや諸々で週1回ってくる担当者が、

+の数だけカップ麺を持ってきた 笑

この人なんでカップ麺いっぱい持ってるんだろう…ってちょっと気になってたんです。
まさか+の分だけとは。
そしてうちに置いていくとは。
なぜか某百貨店のショッパーに入って。

これからの季節、あったまりますね…
いただきま…す

人生初の…

By | BLOG, お休みの日, グレイスはこんなところ | No Comments

今日、定休日。
生まれて初めての経験をしました。

ロービームでの光軸調整

 

IMG_5361

? なんのこっちゃ ??

古い車はハイビームで光軸調整をします。
グレイスでお世話する車両の 90% 以上がこれに該当します。
そもそも私が継続車検に行くことも滅多にないし、トラックももれなく息子が。
(新規か予備検査ばっかり)
ですから…ロービームで光軸調整は齢58にして初めての経験です。
この年こいて、初めての経験ってあるんだ…緊張しました(ウソ)。

イヤ。
まだやったことないこと、あるぞ…

カラオケボックスに行ったことがない
ドンキホーテに行ったことがない

でも上の2つはこの先も経験しないでしょうから、生涯経験しなかったこと2つ、になるでしょう。

上郷の晩秋

By | グレイスはこんなところ, 四季おりおり | No Comments

今朝は早くから忙しゅうござんした。
次から次へとレッカーで運ばれてくるし。
午後からもう1台きたし…

IMG_5335

ここ上郷は、秋まっ盛り…というかだらだら来た秋が行こうとしている、というか…
上郷の秋、ご一緒に。
…ちなみに紅葉狩りをしてきたのは娘と女房殿。
近所の床屋さんにちょっと用があったので…

ご覧の通り、まだまだ紅葉もまだら。
赤が鮮やかですね

IMG_5338

ホトトギスももう終わりだ。

IMG_5340

これから菊の季節。

IMG_5341IMG_5343

で、床屋。
おばちゃんと以前、そのうちお店を描く約束をしていました。
暖かいし、描きに行ったというわけ。

IMG_5347

IMG_5350

できましたー。

IMG_5351

あれ?グルグル塗ってない?
納品しちゃったよ…

光が世界を照らす

By | BLOG, 世の中のこと | No Comments

もちろんこういうものは、女房殿が見つけてくるんですが。

このガラスジャー。
ソネングラス Sonnenglas っていいます。
ドイツ語ご存じの方には大ヒントですねこの名前。

一見、なんの変哲もないビンですが…

IMG_5312

フタに LED ライトが仕込まれています。
しかも、フタの天がソーラーパネルになっているんです。
スイッチも雰囲気にマッチして作りで、仕組みもシンプル

IMG_5311

リサイクル素材を70%以上使用して、環境にも優しくて。
南アフリカで作ってるそうですが、雇用を生み出すほか南アフリカの貧しい地域に
安全な明かりを届けていると密かに話題です。

中に入れるものの工夫ひとつで、おしゃれな照明にも。
100均で買ってきた造花を入れてみました。
厚みが均一でないガラスがいい具合に光を散らして、なかなか趣があります。

IMG_5314

最大12時間持つそうです。
USB でも充電は可能。
でも太陽光が手間要らずでいいですね。
万一、例えば災害時なんかも充電に手間を取らないので、重宝しそうです。
光はあるだけで幸せになります。

この商品、面白い演出が。
箱にポストカードが3枚同封されているんです。

ソネングラスを使うとき、それは日常から少し距離を置いたときに
訪れるでしょう。その貴重なひとときに、ソネングラスの灯りのもと
で大切な誰かにメッセージを送ってほしい、そんな想いのもと3枚の
ポストカードが同封されています(以上原文ママ)

ランタン風の明かりがもたらす雰囲気は、やはり非日常。
ゆったりと流れる時間が生み出す豊かな心持ちに満たされながら、アナログな通信手段で
大切な誰かと繋がってほしい、なんかわかる気がします。
加えて1枚には、すでにとある住所が印刷されていて、南アフリカはヨハネスブルグで
ソネングラス生産に従事している人たちに届くんだそうです。

公式ウェブサイト

Season’s Greetings 追い込み

By | BLOG, グレイスはこんなところ, 世の中のこと, 四季おりおり | No Comments

毎年この時期、海外への季節のご挨拶準備に追われる女房殿。
サプライヤーの中には、年齢層の高い集団もいて(笑)クリスマスってぇと
がっつり休む。

…いいんです、いつも勤勉ですから。

送る人のことを思っては、思いを巡らせて自ら作業を大変にしてる彼女。
去年 その前 もっと前
で、今年のクリスマスカードは…

娘が Riley Elf を描きました〜

IMG_5298

文字と色塗りは女房殿。
遂に人の褌で相撲を取る手段に出ました笑

***

さてさて。
歳をとって、新しいことを始めるのはスゴいことです。
ただ、急にやみくもにしても、自分が困り周りが迷惑します。

歳をとっても、先に始めてる人は先輩。
先輩の話には、耳を傾けましょう。

それが一番の近道。

IMG_5300

そういうものなのかも

By | ALL | No Comments

医療関係のお客さま。
ちょっと「欲しい」ものがあってお越しいただいたのですが…
今年のマン島ラリーで あたっちゃった 件について

ギリギリまで MAX で仕事して
12H フライトして
行ったら即やることてんこ盛り

そりゃ、あたっちゃいますよ…大事にしてください。

ん?
確かにそうかもしれない。
気をつけなきゃいけないかも。

でも一方で…明日から出かけるから、ゆっくりして…なんてやってたら
気が狂っちゃうかも。

ともかく、歳も歳なので意識します!

***

天井の内張り、張り終えました。
ガラスも入れます。

IMG_5294

サンクスギビングが終わって、ブラックフライデー。
今年は奇しくも日本の勤労感謝の日と重なりました。
あちらのサプライヤーから、Email で、FAX で、特売の案内がジャンジャン舞い込みます。
感謝祭の翌日のこの日は、感謝祭の売れ残りが赤札になってバカ売れ –> 黒字

ブラックフライデー ということらしいです。

ところで、いつから日本では勤労を感謝する日になっちゃったんですかね?
そもそもは収穫を感謝する『新嘗祭』だし。
ってことは、類似する欧米の風習は、ハロウィン。
あちらのサンクスギビングは、アメリカ大陸に移住したイギリス人が
初めての収穫を感謝して、この土地で生きるためのたくさんの知恵を
与えてくれたネイティヴアメリカンを招いてご馳走した、というのが由来。

混乱してきたぞ…

車はとっても高価なものだった

By | BLOG, グレイスはこんなところ, 世の中のこと | No Comments

60歳前後のいわゆる店主の年齢あたり。
免許を取った頃のお話。
照準を合わせやすいように、店主の場合。
高等学校卒業後、就職は昭和52年

高卒初任給は 8.5万円
国産大衆車 例えばカローラあたりで 60万円
ミニ欲しいなぁ… 198万

一目瞭然ですよね。

車はおいそれと買えるものじゃ、ありません。
ましてや、輸入車なんてレートの影響もあり…
家で乗っていた車が古くなって、親から譲ってもらう とか、
そうでもしないと、車なんて手に入りません。
まだ先輩が売ってくれるような、そんなのほほんも ない。
先輩だって、やっとこせ手に入れた車だもの。

手を尽くしてもそういう恩恵に預かれそうになくて、でも
どうしても車乗りてーーー!
そんな場合は、自動車販売会社の営業マンになる。

今、車がいくら高額でも
クレジット簡単に組めたり、親御さんが買ってくれたり、

高価? なのかな。
ただの高額 なだけが気がします。

『高価』だと 価値 が 高い
『高額』だと 額面 が 高い

今ドキ、殊日本では額面と価値は必ずしも一致しません。
でも高額なものがいいものだと思ってる人はいっぱいいます。
加えて、新しいものがサイコー。
ですから

古いもの で
手をかけて直して あるので
未だに使える もの

なんて、価値がわかってもらえません。
骨董品はもてはやされるのに。

ちゃんと使える道具でも、評価はそれはそれは酷いものです。
例えば50年、そのまま残ってるだけでもスゴすぎるのに。
それが『今』の材料や技術も取り入れて、整えられている。
グレイスでは倫理観とか、そういうのもモータースポーツの最前線で
学ぶ努力もしてますから、似て非なるものにはなってない。

それ以前の問題で全くと言っていい、古い車は敬意を持って見られません。
使い捨て至上主義、のこの列島においては。
とっても残念です。
少しでも払拭したくて、赤レンガでのイベントも続けています。
確かに維持していくのはいろいろ容易でないけれど、
もっともっとピュアに良さを知って欲しいと、常々思っています。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US