今日は少し長くなります。

ここ数ヶ月、ミニのことで相談に乗っている方がいます。

グレイスに長く来ているお客様の知り合いで、ミニに乗って長い方。
確か年明けに初めてご来店いただき、自分のミニをこれからどうするか、
という話から…グレイスのミニに乗ってみて、いろいろやりとりをするうちに
手元にあるご自分のミニでは、この先どうしようもないとお感じになったそうです。

定期的な点検は欠かさずに行ってきたといいます。
大きなトラブルも多く、大枚をはたくことも少なくなかったとか。
そして最後にはお得意の決め文句、
「古いのは仕方ないよ。」
でも改善されず、そしてまたお金がかかる。

ミニショップを信頼して任せてきた、とその方。
無理もありません。
プロとして看板を掲げる限り、それでお客さまからお足を頂く限り、
信頼に足る技術・知識を持つのは当然のこと。
そのお客さまが欲しかったのは
「気持ち良く、素直に楽しめて、しっかりした車」
本来ならミニの得意とするところ、です。
でも手元にあるのは、理想とは似ても似つかない車。
そんな時、お知り合い(グレイスのお客さま)から紹介され、お訪ねくださった、という訳。

今の車は残念ながら、ゆくゆく諦める決心をされました。
本当に残念ですが覆水盆に返らず、もう元には戻りません。
そしてグレイスでミニを探そう、という段になると今度は…
これまでの辛く悔しい思いがトラウマのようになり、足かせとなってその方の前進を
鈍らせてしまいました。

お会いして、メールでも何度か想いを伺い、同じような経緯でグレイスでお世話する
ようになった車の少なくないことを伝えました。
よそをどうこうと言うつもりは毛頭ありません。
が、こんなにいい車が、好きで乗っているはずの人にさえ愛されていないなんて。
その上オーナーに苦痛を与えているなんて、何と無惨な話でしょうか。

そんなこの方がグレイスを、もう1度ミニショップを信用して懸けると言って下さいました。
このお気持ちを私たちは、真摯に受け止めなければいけません。
何故なら、私たちは多くの人の夢と現実を担う仕事をしているから。

「気持ち良く、素直に楽しめて、しっかりした車」
この方の期待に添う車を探し、実際そうなっていくよう、私たちの手腕が問われます。

***
昨夜、HRCRJクラブ員が集まり、先日の三浦ラリーの反省会+ミニディの打ち合わせを
行いました。
各クルー、感想・検証・ダメ出し…これをやって、はじめて次につながります。

0411_1.JPG***
今日のレースカー#108

シートがついて…

0411_3.JPGハイ、ソーセージが並びました。

0411_4.JPG***
今日の定点カメラ

0411_2.JPGMG MIDGET  右ハンドルにコンバートします。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US