レースまでの長い時間

By 2010年4月29日 HRCR, イベント No Comments

筑波サーキットで開催された “Japan Miniday” へ行ってきました。

仲間の待ち合わせ場所、守谷S.A.5時を目指して出発しました…が…
首都高湾岸線で、私のラリー車(Sideway Trophyにエントリー:#86号車)がオイル吹き??
隊列のミニにまき散らし、走っていられない状況に!
一度停まり、後続の 998 Challenge のレースカーを載せたトラックに牽引してもらって
何とか守谷まで到着。

原因は?一体何
実はオイルクーラーのコアにバッチリクラックが入って、それがエキゾーストへ達し
あたかもオイルを吹きまくっているように見えた、というしかけ。
おかしいと思った…だって、エンジンは調子いいもの。
それなら話は簡単。
守谷ではパーツクリーナでキレイにして、筑波に着いてから別のオイルクーラーを移植しよう。

moriya_1.JPG
moriya_2.JPG朝っぱらからギャラリーが。

***
さて、改めて牽引しながら筑波サーキットへ。

kenin.JPG別の車のオイルクーラーを移植。

ishoku.jpgそうしている間に 998 Challenge のマシンをトランスポーターから下ろすんですが…
借りてきた方の1台はダンプ。
歩み板では上げ下ろしキツいので、スイッチバックで!

swichback.JPG一方で、一緒に来た車のうちの1台のヘッドガスケットが抜け!!

***
レース前なのに、急がしすぎ。
こんなことまずないのに。

というわけで、レースのレポートまで行き着きませんでした。
眠いので、続きはまた明日。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US