Rallee Classicagh Leg 2

更新おそくなってごめんなさい。

長い1日が始まります。
0921riom_1.JPG
ここは明日、SS のコースとして使われる道。
地元の手厚い出迎えを受けます。0921riom_2.JPG

0921riom_3.JPGスペクテイターは、ルートを地図で見て、どこからステージへアクセスするか
鼻をきかせます。
これは、注意を促すボード。
「自己責任で、見に行きな」ってなことが書いてあります。
各自、土手へ上ったりしながら観戦ポイントを探します。

0921riom_4.JPGSS6 Sllim God です。0921riom_5.JPG0921riom_6.JPG自転車で SS を回っている人を、何度もみかけました。

0921riom_7.JPG2009年も一緒だった、シンガー。

0921riom_8.JPG0921riom_9.JPGきたきた。
ミニは音ですぐ判ります。
0921riom_10.JPGフレッシュマンも、頑張ってます。

0921riom_11.JPGこちらはマン島の大ベテラン、ヒギンスさん。
実はフレッシュマンを幾度となくフォローしてくれて、リエゾン(移動区間)でミスコース
しないように先を走ったりしてくれたそうです。

0921riom_12.JPGSS フィニッシュの先にはストップコントロールがあって、オフィシャルのチェックを受けます。

0921riom_13.JPGリエゾン区間、遅い車に出くわしてしまうこともしばしば。
こんなこともあります…
機を見て、1台ずつ抜かしていくしかありません。

0921riom_16.JPG2台で20分サービスを受けます。
1分、間があいたもののかなり慌ただしいです。
複数人でやっているので、声を出しながらミスが起きないようフォローし合います。

0921riom_17.JPGサービス後の TC はココ。
時計のマークは、私たちが国内で練習しているロードラリーのそれと同じです。
…同じルールでやってますから。

0921riom_19.JPG昨日の天気とは一変。雨が降る気配はありません。
50マイルほどしか離れていないメインランドの今日は、1日中雨だそうです。

0921riom_20.JPG女房殿は、2009年もココ "Staavey" で写真を撮っていました。

0921riom_21.JPG0921riom_22.JPG0921riom_24.JPGFord Cortina Mk2 こちらにも、フレッシュマンクルーは大変お世話になっている模様。
彼らは Peel にお住まいの、Manx Man。

0921riom_25.JPG0921riom_26.JPGここはSS12 Port e Vullen 2 。
車によってアングルが全然違います。
駆動輪の都合,乗り手のクセ etc…
それにしても、ギリっギリを攻めています。
皆様、お上手。

0921riom_28.JPGこの車は、サービスパークでテントが隣りです。
娘はいつの間にか、『お隣りさん』と呼んで応援しているようです。

0921riom_29.JPG0921riom_30.JPG0921riom_31.JPG
0921riom_32.JPGCastletown のステージを暗くなってからセットする為に、サービスで3時間近く時間調整。
おかげでサービスクルーが、ステージを何とか見られる時間を取れました。
かなりタイトなアイテナリー(日程)で組まれているこのラリー。
サービスクルーに1つでも見てもらえたのは、何よりも嬉しいことです。

0921riom_35.JPG
0921riom_36.JPGしかしこの後トラブルが。
#19 Morris Mini Cooer が、エンジントラブルでストップ。
サービスバンが出向き状況を把握、牽引して戻ってきました。

結果から言うと、検証が必要ですがおそらくオーバーレブ。
聞けば兆候がありながら、そのまま続行していた模様。
ピストン、ヘッド、ブロックまでダメージが及んでいました。

ここで、スーパーマン Paul が10時を回ったサービスパークから方々へ電話。
1000 のエンジンコンプリートを、ひとまず貸してもらえることになりました。
日付が変わる頃には、エンジンも到着し、載せ買えがはじまりました。
Day リタイヤとはなりましたが、Super Rally の適応を受けて、

作業が終われば出走できます。

0921riom_37.JPG明日も揃って、さっきの TC からステージへ迎えるように、サービスのみんなの底力を
信じましょう。
共倒れはかなわないので、申し訳ないんですが先に戻って寝ることにします。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US