かつての横浜の面影

GW も終わり、いつもの定休日。
陸事で書類の用件を済ませた後、昼少し前だったので大桟橋方面へ。
末娘は3年生になり、月曜日は6校時まであるのです。

いつも通り過ぎていた老舗レストランに入ってみました。
日米和親条約調印の地(中区海岸通1−1)。
横浜開港への舞台となったのがこの辺り。
そういえば、横浜の開港記念日は6月2日、もうすぐです。
横浜市立の小・中学校はお休みです。

横浜はだいぶ感じが変わったけど、この一角だけは時間が止まっている感じ。
港湾都市といえば、私にとっては横浜そしてリバプール。
あそこも世界遺産に登録されるのに、おっそろしく整備されてキレイになったけど、
時間の止まってるエリアがあります。

…話を戻して。
ココはSCANDIA(スカンディヤ)北欧料理の日本第1号店です。
1階は “SCANDIA GARDEN” 同じ料理をちょっとカジュアルに頂けます。
2階はもっと重厚な雰囲気のレストラン。

珍しく、食べてしまう前に写真に収めることに成功!
私は、ノルウェー人の家庭料理(温野菜とエビ・ポーク・ポテトのコロッケ風)

IMG_3258

女房殿は、デンマーク風ハンバーグ

IMG_3260

おそらく長年変わっていないであろうお皿の中の風景に、洗練された伝統を感じました。
とっても美味しかったです。

思えばその昔、この2階の横浜貿易協会に、通関証明書のことだったかな…
来たことがありました。

IMG_3264

これまた随分前の話です。
ってくらい前から、ずっと海の向こうの車に携わっています。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US