今日はお休みを頂きました。
娘も明日から学校。
江戸東京博物館の帰りに、北品川へ。
女房殿のリクエスト。
江戸時代の品川宿だったところに、子どもの下駄の品揃えがある履物屋がある、と。
なかなか子どもの下駄は売ってない。
ちっちゃいのは見かけますが、子ども以上大人未満辺りはどうも…

東海道五十三次に描かれる品川です。(画像は Wikipedia から)

Hiroshige02_shinagawa
丸屋さんという履物屋。
吸い込まれるように入っていったので店の外観はナシ。
早速娘が台(木でできた足が乗る部分)を選び、次に花緒を選んで。
すげてもらって具合を試して。
ずーっと3人で見入っていました。

maruya

花緒の麻紐の締め方…我々の作業に何か似た雰囲気を見ました。
…シートを張る時の感じだ。
巧(たくみ)の手仕事には、長年の経験値からにじみ出た、我々の毎日にも役に立つ
『生活の知恵』につながるヒントがたくさん詰まっていました。
スゴいなぁ…

この店のもう1つスゴいところ。
後継者が居る!
ウェブサイトに創業150年の記念ページがあります。
いいぞ!(大きなお世話?)
うちの若人もがんばれ。
品川宿といえば、岡場所がありました。
おしゃれは足下から。
身支度をして、いそいそと出かけていく…何とも粋な感じです。

娘のをすげてもらっている間に、女房殿も欲が出て。
ちゃっかり自分のも買いました。
お店のオリジナルの麻の花緒で、左右の花緒の色が違います。
水引と呼んでいました。
台は夏色という、砥の粉に炭を混ぜたこれまたこちら独自の仕上げ。

すっかり満足して、店を出たところの街並をカメラに収めます。

shinagawa_shuku

道幅は昔と変わらないらしいですよ。
へぇ〜 なんて思いながら、いい買い物の余韻に浸って車を走らせていたら
何か見た顔が行く先から4つ。
何と、蒲田にお住まいのお客様とそのご家族が、散歩がてら来ていて。
あちらも、こちらがミニだから目についたらしく…

「あれー??? 何でー?!」

ビックリしました。

買い物をした2人は、ちゃっかりもう車内で下駄に履き替えており。
自宅へ戻って、何とも妙な写真撮影を。

geta

涼やかな足下。
暑い夏がやってきますね。

明日からまた、通常営業です。
日本の伝統の技を見て、そしてそれを継承する若手の姿をみて、清々しい気持ちになりました。

 

アクセス・営業日はこちら CONTACT US