家の用を朝から済ませ、珍しく電車で夏休みに突入した娘と出かけました。
東京大丸の美術画廊で開催されてた(会期は今日まで!)個展を見に。

鳥獣画家 佐藤 潤

絶滅危惧種を積極的に描いたり、動物を戯画的に描いてみたり…
少し前から気になる、私と同年代のまだ若い部類の画家さんです。
鳥獣戯画が大好きな娘に声をかけたら、美術で美術鑑賞してレポートを
提出するという課題も出ているというので、出かけることになったわけです。

金屏風に描かれた『朱雀図屏風』、銀屏風作品『昇龍図屏風』このあたりは、
竹紙を用いる作風とは大きく趣が違って、迫力満点。
娘も圧倒されていました。

さてどんなレポートができるやら…

***

お昼は東京大丸の中に入っている、京都の老舗コーヒー店『イノダコーヒ』へ。
独身の頃、一人でよく京都に行きました。
豊橋で研修があった帰りに、帰京せずに京都へ。
研修先からホテルの予約してるんですから、つくづく何しに行ってたんだか。
イノダコーヒには、よくモーニングを食べに行ったりしたもんです。

八重洲口を望む、景色としてはちっとも美しくないけれど…窓に向いたカウンター席へ。
もちろんお砂糖もミルクもお願いしましたよ。
…って、いちいち聞かれたっけ?
「砂糖とミルクはお入れしてよろしいですか?」って。

電車やバスに乗るのは、専ら学校の用件ばっかりの娘。
一緒に電車に乗るなんて、まずないことなので普段話題に上らないようないろんな話をしました。
私は車のない環境で育ったので、電車バスは暮らしになくてはならないものでした。
娘の知らない私、を垣間見た気分だったそうです。

ちょっとした、夏の思い出。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US