レッキ2日目。
ゼッケンの遅い順に車検の時間が割り当てられていました。
同日夜、ラリーが始まります。

車検場は、HQ でもなくサービスパークでもない第3の場所。
ところ変わればやり方もきっと様々。
特別規則書にあるアドレスに向かいますが…どこ?

そもそもトラックのヤードか何かで、区画が広〜いデカ〜いエリアなのですが、
指定場所がわからない!
どうやらみんなわからないようで、HRCR のチャンピオンシップを戦う面々も
自走で/トレーラーで あっちへ行ったりこっちへ行ったり…みんな迷ってる。

いやー何なのコレ…不親切だよ。
人に聞いてもスッキリとした答えは得られず、ようやく仲間が見つけて

車検で落ちた時のために、サービスもほぼ同時に出かけてきていました。
こんなの見つけられるか!

そしてようやく車検。
この風景は割と、どこでも一緒。

ただ、自分の知ってるラリーと違ったのは…車のチェックは全くしなかった、ってこと。
もちろん、前日ダメ出しされたノーメックスのインナーはもれなくチェックされましたが。
(逆に言うと、それしかチェックされなかった)

「 Shakedown の車検で見たからいいよ、この車素晴らしいな!」

あ…そりゃどうも。
UK の諸先輩方が言ってた「ベルギー独特だぞ、気をつけろ」の意味がわかってきました…。
さぁ夜(9/6)からラリー、コ・ドライバーとしては不安がいっぱい。
どうなることやら

アクセス・営業日はこちら CONTACT US