さぁラリーが始まります。

この時はまだ平和だった…

前日にサービスパークの開設、設置の時間が設けられていましたがよくわからず。
何となく場所取りだけしておいたらやっぱり…サービスは路上。

この道は1本ズバッとサービスパークとされていて、もちろん関係車両以外通行止。
車が前を向いている先に交差点があって、その先は モダンカーを中心にサービスエリアとして
使用しています。
交差点の先は工業団地的なエリアで、企業の軒先(前庭?)を使うチームも多くありました。
きっと毎年、決まったチームが決まった場所を使ってるんでしょうね〜

出た〜 知ってる人だけが得をするシステム 発動

やれやれ。
さて気を取り直して、あくせくペースノートをまとめているうちに、サービスは着々と臨戦態勢に。

待っててくれるサービスがあるから、ラリーができます。
壊さないのが最良ですが、不可抗力とか想定外とか、とかくラリーは驚きの連続です。
ですからせめて想像できる起こりそうなことは予見して、対応できる準備をするのです。
何か起きてしまったら、限られた時間で優先順位を決め最善を尽くしてくれます。

いよいよスタート。
サービスから出た先の TC(タイムコントロール)は、全てこのポディウムを通ります。
あれあれ?雨だよ…

ありゃー本格的に降ってきちゃったよ…
SS前、少し車が溜まって順番を待っています。
実はワイパーが動かなくなっちゃって、ワイパーなしで走ってました。

雨はずっと降ってるわけじゃないんです。
パーっと降って止んじゃうことが多くって、ステージのあっちとこっちで路面が違うってこともしばしば。

道は長い直線のあとジャンクション(交差点など)で右左折、また長い直線…の繰り返し。
言うなれば『あみだくじ』。
そして周りはペらーんと畑。
つまりコースアウトして道から逸れたら、はるかかなたまで行っちゃう感じ。
…ということは、ステージの中で道を塞いだりすることがない❤︎

実際殆ど無かったです。
我々のよく知るマン島は、狭いしツイスティでクラッシュするとすぐキャンセルになっちゃう。
通れるんだか、何なんだか、待たされてずいぶんイライラしたもんです。
待たされた挙げ句に、公道の閉鎖時間が時間切れで結果ステージキャンセル、とか。

1本(SS4)だけキャンセルになりました。
キャンセル後、1日目の最終ステージ SS5 へ向かうのに、やるんだかやらないんだかで
しばらく被っていたヘルメットを脱ぎ、涼を得るためにスライドウインドを少し開けると、
ようやく暗くなった外から夜風が車内に入ってきました。

その直後!

COVVふりかえり — Leg 1′  その1– へ、つづく…

アクセス・営業日はこちら CONTACT US