日曜日のクラブ主催のツーリングで立ち寄った城ヶ島。
その昔の賑わいとはだいぶ様子が違ったようですが(私はこの辺の出じゃないので)、
土産物屋さんでえぼ鯛の干物を求めてきました。

今日は訳あり、家で仕事をしていたので台所に立ちながら、書き物しながら。

+++

冬は根菜が美味しい季節。
今日も日中は少し動けば汗ばむような、20度へ届いたんだろうか…横浜はそんな陽気。
とはいえ、季節は一応冬へまっしぐら…カレンダーも1枚とあと少し。
長年の遺伝子の設計図からして、日本人の体にはやはり昔ながらの食生活が合ってる。
そんな話を最近聞きました。
今日は台所に立てる時間が取れるので、えぼ鯛を主役に根菜と海藻類を使って和食にすることにします。

お米をといでとぎ汁を2つの鍋に用意、大根と豚バラを茹でます。
大根の皮はさっと乾かして後日きんぴらに、面取りした部分は千切りにした大根と合わせて
後でサラダにします。

大根は、保温調理ができるお鍋で放置しておけばじんわり茹ります。
その間に里芋の下ごしらえと、乾物3種(しいたけ・わかめ・姫ひじき)をもどします。
そこまでできたら、書き物…

大根が茹ったら、全部合わせて味付けをしてまた保温鍋へ。
またまた放置でじんわり煮込んでもらいます。
味付けの間に、汁物を用意します。
冬野菜たっぷりの、けんちん汁です。

大根・人参・ごぼう・さつまいも・長ネギ・白菜・えのき・油揚げ
ごま油で炒めたら(ここでおろし生姜も入れています)、最後に焼き豆腐を加え出汁を投入。
出汁は煮物と汁物とに使うので多めに引いてありましたが、こちらには煮干しも加えます。

見た目は美しくありませんが、この際関係ありません笑
手前味噌の玄米麹味噌と醤油で味付けしました。

ここまでやっておけば、もうできたも同然。
あとは時間になったら魚を焼いて、和風サラダを和えれば出来上がり。

もどった乾物と面取りで出た大根の切れ端、ここに割りゴマ、たたき梅とじゃこ(賞味期限が近づいて
きたので慌てて炒ったしらす干し)を合わせ、更に千切り大根とおかかを加えてポン酢で和えます。
仕上げに、頂き物のすだちを軽く搾りました。

干物は3枚(1枚300円)でよかったのですが、お店のおばちゃんが
「ちょいと小ぶりだから、4枚1,000でどう?」
口車に乗って?4枚買ってしまいました。
まぁ、いいか…今日全部焼いて1枚分はほぐいて冷凍、娘のお弁当に使うことにします。

えぼ鯛を焼きながら煮物を照りつけていきましたが、最後鍋をガンガン振って煮汁を回していたら
柔らかく煮えた里芋が少々に崩れてしまいました…ま、いいことにします。

あ、魚がそっぽ向いてる…

珍しく一汁三菜の晩ご飯となりました。
普段はこんなに台所に時間をかけられないので、大皿料理だったり割と手を抜いてしまうのですが…
時間はかかるけど煮物はやっぱり美味しい。

 

アクセス・営業日はこちら CONTACT US