まぁ女性限定、特に若い方(学生さんとかね)向けの提案というか、何というか。
(ココを訪れて下さる方の中に、この年齢層 ↑↑↑ がどれだけいるんだ?って話ですけど)
感染拡大防止のために、期せずして訪れた『おうち時間』。
ちょっとでも興味あったら

着付けマスターしようよ!(お着物ね)

着付け教室行かなくても、今ドキは YouTube っていう先生がついてる。
かくいう私も一応自分で着ますが、着付け教室行ったことない〜

自分のがなくても、今はリサイクル着物も結構安価からある!
いきなり揃えなくてもお母様がきっと持ってるから、おうち時間の稽古はひとまずそれで!

「習うより慣れよ」で、
見慣れる
着慣れる
自分に似合う景色(=好み、つまり衣紋の抜き具合とか)

稽古してるうちに、板についてくるはず。

世界規模のこの大混乱そして超絶不安。
特に若い方は、先が見えなくて困ってるハズ。
即効く、っていうか直撃的な効果が実感できなくても、いずれじわじわ効く…気がする。
いろんなものが淘汰されて、日本人に一番欠如してる『アイデンティティ』とか、そういうもの
必要になるんじゃないかな。
今、着物と呼んでるもののスタイルは、少なくとも江戸あたりからのもの。
でも着付けができて、所作とか身につけてて損はない。

着物に限った話ではありませんが、ジュエリーとか洋服もそうだけど受け継いで長く身につける
ことができます。
たくさんじゃないけど、私にも『ばーちゃんの黒羽織』とか『夫の長姉の紬』とか『昭和の母的学校行事』とか
『母の黒留袖』とか受け継いだ着物があります。
娘にも
こういうところからも、家族を慈しむ とかそういう気持ちって育つんじゃないかと思ってます。

おうち時間に着付けを稽古 の提案からだいぶそれましたが…
私の当座の目標は、この先海外ラリーのレセプションとかパーティーとか、そういう機会があったら
持って行くんだ〜着物。
幸い畳んでぺっちゃんこになりますからね…あっちで着るの、ささやかな目標。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US