ロイヤルウォッチャーの女房殿が、言いました。

“Victory over Japan Day” だってよ…

8月15日、日本ではもちろん終戦記念日ですが…
各国、休戦(降伏)のタイミングで記念日を制定しています。
日本と同じ8月15日、イギリスでは VJ Day (Victory over Japan : 対日戦勝記念日)としています。
ヨーロッパにおける勝利(連合軍がドイツを降伏させた日)VE Day ってのもあります。
第一次世界大戦終結をを記念した Remembrance Day も同じ趣旨の記念日ですが、
原爆を落とされてもなお往生際の悪かった日本は、あな情けなや各国の戦勝記念日にバッチリ
国の名前を入れる結果となってしまいました。

今年は終戦から75年の節目。
イギリスではチャールズ皇太子夫妻が式典に出席、その様子が報じられました。
(画像はインターネットから)

皇太子、勲章ぶら下げすぎでジャケットのシルエットが崩れてるのが気になります…

あぁ…どうりで、私がイギリスへラリーに出るために渡った31年前は、まだまだ風当たりが強かった
わけです。
1989年、私の初ラリー Tudor Webasto Manx Rally で幸運にもクラス優勝したのですが、表彰式後に
「Yellow Monkey が座った」と、会場になったホテルの裏でホテルマンが私が座ったパイプ椅子を
投げ捨ててました。
衝撃的ではありましたが、やむなしとも思いました。
現地パートナー Paul と知り合ったのはまさにその年、ラリーの現地サポーターのメンバーの1人でした。
その Paul も、日本人にはいい印象を持っていなかったそうですが、当時英語も満足に使えない私が必死に
伝えて、彼のことを理解しようとするその姿勢に同情して(笑)それ以来の付き合いです。
Paul の協力なくして今のグレイスの体制はありえないし、彼もまたそう言います。
ありがたいことです。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US