昨日、ちょいとご無沙汰のお客様がありました。
…実のところは、我々が8月の頭にラリー丹後に遠征中にお店にはいらしてました。
私がお会いするのは、世がコロナで騒ぎ出してからだからざっと半年ぶり、かな。
うちでお世話しているミニのオーナーの中では、最高齢。

娘と会うのも半年ぶり…イヤ、彼女は平日は学校ですから、もしかしたらもっとかも。
毎日見ている親がピンときませんが、よそのお子さんはたまに会うとその成長にぎょっとする、
っていうのはよくある話です。

でも、やってることは小さい頃からなーんにも変わらない笑
「確かにちっちゃい頃からずっと絵を描いてたよね〜好きなんだろうとは思ってたけどさ」
好きなことに没頭する、その集中力を褒めてくださいました。

ハイドロサスペンションのメンテナンスで午前中から作業をしていたのですが、少し時間を
置いて馴染み具合を確認したかったので、お昼をご一緒しました。
聞けばパンデミック以来、基本ほとんど家でお過ごしだったそうで、いつも奥様と2人。
この方、元パイロット。
引退後は後進の育成…もっと言うと、空に興味のある子ども向けの活動に積極的に携わっていました。
人と会うことも多かっただろうに一転、自粛の日々。

「人とメシ食うなんて久しぶりだなぁ〜」

「久々に人と食事をして楽しかった、こういうの忘れてたなぁ。
また昼メシ食べにくるよ笑」

家では3人、仕事場へ行けば5人。
確かに実家にはずっと行ってないし、人との会食も仲間と遠征した時くらい。
でも煮詰まるような暮らしはしてないかな…そもそもが毎日『自主隔離』のような環境なので。

人と食事をする、いい時間…忘れてました。

***

普通は、親親戚はともかくこういう年回りの方と子供が分け隔てなく関わるって、
このご辞世ますます珍しいことですから、ずっと成長を見守っててもらえてる人が居るって
本当にありがたいことです。
『ライトな』おじいちゃんおばあちゃんがいっぱい居るような、そんな感じ。
娘は娘で、お店にくるお客様、とりわけイベントでご一緒する方やクラブの面々のことは
みんなお友達だと思ってますから。

娘はみなさんに温かく見守られ、みなさんには娘の若さと未来をちょっとだけお裾分け。
give & take 釣り合ってるかな…?

アクセス・営業日はこちら CONTACT US