体が資本、体に感謝。

今日は人間ドック。
娘を授かった年に、

まだまだ倒れられては困るので、毎年きちんとチェックしてもらいます

という経緯でまずは夫が(当時47歳)受けるようになった人間ドック。
40歳を迎えた年からは私も受けるようになりましたが、娘を学校へ出す都合で
夫とは日を分けて受けていました。

そんな娘も、もう中2。
今年からは、同じ日に一緒に受けることにしました。

つづがなく終わり帰宅すると、毎朝の夫の日課 掃除機をかけた形跡があり、
置手紙と共にジャム・あんこ・チョコペーストを挟んだ簡単なサンドウィッチが作って
置いてありました。
すごいなぁ…(親バカ)。

なーんて書いてますけど、サンドイッチにありつけたのも娘のおかげ。
自宅を出る時に私は、玄関の鍵を忘れて。
戸締りをして学校へ行く、という娘から 「ママ、鍵…」
彼女の気づきのおかげで事なきを得ました。
できた娘に、抜けた母ちゃん。

やれやれ…

おかげ様で、微細な難こそあれ概ね揃って健康。
経過観察の対象も、変化なし。
私の歳(来年年女です…)あたりになると、体調に大きな変化が訪れている話も聞くので、
健康であるということは日頃の食生活もありましょうが、丈夫に産んでもらったことに
感謝せずにはいられません。
心も体も健康で居られるように、もらった体を大切に保つべく日々の管理を。
例年以上にそれを意識した、そんなドックの日でした。

***

晩は久しぶりに自家製ピッツァ。
頰っ被りをするも蚊に喰われながら(腕は虫除けスプレーをしましたが…)バジルとイタリアンパセリを
摘み、トマトソースを煮て生地をこねて休ませて…

マルゲリータの他に、オイルサーデォーン・しめじ・ブロッコリーのピッツァ。
チーズは2種類使って色も鮮やかで美味でした。
以前イタリアで求めてきた、シーフード向けのシーズニングが何とも良い香り。

あと、坊主で1枚焼いてサラダと生ハムをトッピングして頂きました。
夏に丹後へ遠征した時に入ったイタリアンで、こんなのを食べました。
サラダ感覚で、一番最初に出せばよかった…ちょっと失敗。

でも美味しかった ❤︎

アクセス・営業日はこちら CONTACT US