楓蔦黄(もみじつたきばむ)

七十二候。
二十四節気はまぁ馴染みがありましょうか。
『白露』とか『霜降』とか『啓蟄』とか、この類の季節を表す言葉です。
1年を24に分けていますので、だいたい半月くらい。
それをさらに3つ(初侯/次候/末候)と3つに分けると 24 x 3 = 72
これが七十二候です。今は『霜降』の末候

楓蔦黄

もみじつたきばむ と読みます。
今日は家の用で他出しました。
荒川の土手は、春には桜が見事なのですが、葉が色づく様子を遠くから眺めるのも
なかなかのものでした。

それにしても今年はつくづく、時間が流れていくのが早いですよね。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US