UK のサプライヤーから夫のもとに、Email が届きました。
こちらからは注文してない…
バンバン DM を打ってくるような企業でもない…
何だろう?

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

Covid – 19 に翻弄された今年、我々はお得意様にクリスマスカードを発送しません。
けっしてサボってるわけでも、ケチってるわけでもありません。
感染症によって物資の不足/人材の不足など、生活に様々な支障が出ました。
そんな中で、我々は必要なところにお金を使うべきだと考え、季節のご挨拶に使う資金を
医療機関に寄付することにしました。

来年は、脅威が去って人の営みが改善されますように…

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

贔屓目に見るわけじゃないけど。あの国の人たちの考え方には学ぶところがホントに多いです。

***

引き続き UK ネタ。
エリザベス女王の孫、ウィリアム王子とキャサリン妃は3日間をかけて英国を周遊する
鉄道の旅に出かけていました。
感染症対策の最前線で闘う人々を称えるツアー、とでもいいましょうか。
キャサリン妃は、スコットランドへ着けば国旗のブルーを思わせるロングコートで現れ、
ウェールズのカーディフ城では、国旗に現されているドラゴンの赤のコート。
王室の存続は、いつの時代も民の意見の分かれるところですが、人に寄り添う姿は人の心を打ちます。

運行状況などを記す掲示板に、キャサリン妃が直筆でメッセージを残していったようです。
(画像は、Kensington Royal : Duke and Duchess of Cambridge 公式 Instagram より)

Thank you to transport workers everywhere for keeping the country moving throughout
this difficult year.    William & Catherine

 

Next Post
アクセス・営業日はこちら CONTACT US