年始は本日より営業します。
みなさまのお役に立てるよう、一同で努めます。

ココでの仕事はテレワークというわけにいかないので、寒い時期ですがいつも通り
ガレージの門戸を盛大に開け放って(いつでもそうだし笑)仕事します。
これまでもみなさまにはご協力頂いてきましたが、この状況ではますますお電話等で

事前のご予約

ご協力をよろしくお願いします。

年末前から、感染症の状況がじわじわと緊迫感を増しています。
神奈川を含む首都圏の一都三県に、緊急事態宣言の方向だそうです。
宣言の有無にかかわらず、己の身の安全を守るために個々が意識を持って判断・行動
すべきと思います。

年始も、元旦からスーパーの送迎車には人がたくさん乗っていました。
そもそも営業していることも問題ですが、食品の保存だって冷蔵庫があるし元旦から
スーパーにいく必要があるんでしょうかね。
コンビニだって閉めればいい…

***

イングランド/スコットランドでも今しがた(2021.1.5. 〜)新たにロックダウン
入りました。
製造業ももれなく全封鎖になってしまうので、部品の調達に影響が出るかもしれません…

お休み中に、マン島から郵便が。
恒例(って言っていいの?)の Isle of Man Calendar ❤︎
今年の表紙は Cregneash なんですね〜
ちなみに Cregneash は、南端の港町 Port Erin を望む丘の上にある小さな村。

かやぶきの家や、当時の暮らしを保存していて、集落全体が National Folk Museum として
Manx Heritage Trust の保存対象になっています。
こんなところ。

今となっては時代を感じる電話ボックスも、ここにあっては新しいものに見えますよね。
保存の観点から入場料を払います。
パンフレットをもらえるんですが、もぎり(?)の人も当時の服装でお仕事しています。

あぁ、今年は行けるんだろうか…

アクセス・営業日はこちら CONTACT US