もうすぐグレイスに迎えて1年になる若手スタッフの、坊やちゃん(5ヶ月)を
預かる機会がありました。
店へ顔を見せにきてくれることもあるので、どうにかなるかな〜どうだろう…
ママが預けに来て出かけて行って 10分

突然のギャン泣き

まだそこのバス停にいるんじゃない?っていうくらい、割とすぐに。
どうやらご実家を除いて、二親と離れたのは生まれて初めて。
(ま、毎日が生まれて初めての連続だろうけどさ)
結果から言うと、15分 みっちり泣かれてそのあとは私も知恵を絞って
対策、ほどなく泣き止んでしばらくあやして。
少し声も出すくらいにほぐれてきたら、大あくび3発…

寝たw

バスタオル2つ折りでまだまだ余るこの小ささよ ❤︎
玉のような…とはまさにこのこと ❤︎
なーんてかわいいんでしょ ❤︎

小一時間、若はがっつりおやすみになられました。
早い話が、泣き疲れたのもありましょうね。

それにしても。
生まれて半年足らずで、無条件で守ってくれる人のことをハッキリ認識して、
その人と離れたことで大きな不安を覚えて自分の意思を示す。
すごくないですか?
親が無条件なのと同様、子供から親への眼差しも無条件。
無条件で丸投げしてくる存在=子。
待ったなし、ともいいます笑

私、正直子ども嫌いですが、無条件で体当たりしてくる存在(娘)がいてよかった、って
つくづく思いました。
あの頃は一生懸命で、でもいろいろケチるのだけはやめようと誓って子と接してきました。
これからもそうするつもりですが、他人様の赤ちゃんに触れてそんなことを思い出したり。
懐かしいいい時間をもらいました。
ママも徐々に社会復帰、こんな時間ならいくらあってもいいので遠慮なく頼って欲しいなぁ。

人は、助け助けられて生きている。
そういう中で大きくなれば、理屈でなく人の世の機微を感じ取れる人になるんじゃないかなぁ。
これは私がいつも思っていることですが、人は自分がしてもらったことは人にもできます。
自分が受けた恩を、違う形で返す…そんなことも容易くのみ込める人になるんじゃないかなぁ。
どんなに小さい社会でも、その間に感謝が行き交ってれば子はきちんと感じ取ると思うんだ。

せっかくご縁のできた世の宝、健やかに伸びやかに育ってほしいです。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US