名古屋のお友達から、伊勢の『赤福』で毎月1日に買える『朔日(ついたち)餅』の話を聞きました。
1月を除く毎月、月替わりのお菓子(いわゆる朝生菓子の類)が買えるそうです。
お伊勢さんに今も残る『朔日参り』にちなんでいるそうで、1ヶ月無事に過ごせたことに感謝して、
新しい月もまた無事に過ごせるようにお祈りする…
昨年以来、一日一日無事であることをありがたいと思わずにはいられない(私だけ?)ので、
いろいろ忘れている習わしとか、改めるにはいい機会かも。

2月は『立春大吉餅』
そうか、春は1年の始まりだから節分は大晦日になるわけだ。

2色の豆大福、お箱の掛け紙は伊勢千代紙。
伊勢千代紙は、一般的な千代紙に使われる木型ではなく伊勢型紙(反物の型染め等に使われます)で
染められているそうです。
参考までにこの半幅帯、江戸型染と呼ばれる件(くだん)の伊勢型紙で染められたものです。

伊勢型紙には、美濃和紙(岐阜)が使われています。

伊勢の文化「伊勢千代紙」でつゝみ、あなた様のご一家の千代のご繁栄をお祈りします

とあります。
土地のものを大切にして、高い工芸の技術や文化を広く伝える…素晴らしいです。
パッケージは3種、大小の箱入りと化粧箱。
化粧箱は月々様々で、2月は焙烙(ほうろく)。
素焼きの土器で、炒ったり蒸したりに使いますが…我が家にはないな。
迎え火/送り火の時に、おがらを焚くのに使ってましたが…
焙烙で豆を炒って、邪気を払っておくれ…ってことなんですね。

***

さて、定休とはいえ用足しにしか出かけない氣谷家です。
週に1度の買い出しをして、夕方から久々に Balery House Aoki へお邪魔しました。
ここのパンもちょっとご無沙汰。
で、行ったら…

毎月1日はモンブランの日 なんですって。
ちょっと…

3人しかいないのに4つ買いました。
もちろん2つ頂いたのは夫です笑
我々女どもは1つずつ。
抹茶スイーツは、娘の大のお気に入りです。

家で過ごすこと、家という空間が見直されてる折から、いつもの空間でちょっとご馳走 とか
出かけない分時間たっぷり取れますからそういう過ごし方、実は贅沢かも。
忙しい毎日の合間に、体も心も休まりそうです。

ご馳走、ったって別にそんな…張り切らなくったっていい。
たとえば具沢山のスープ。
煮崩れてどろっとした、イギリスで『本日のスープ』なんて出てくるような食べるスープみたいのだって、
滋味たっぷりのおご馳走。
野菜もいっぱい摂れるし、体もあったまるしいいことづくめ。
我が家は、長年の私の積み重ねが功を奏してか(?)おかずがたくさん並ばなくても誰も文句をいいません笑
でも、気をつけてるつもりです。

さて…明日は例年より1日早い大晦日だっていうし、寒が明けて春が来ちゃわないうちに
これから手前味噌を作ります。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US