ラリー丹後2021、もう1ヶ月経つんですね…時間はどんどん経っていきます。
女房殿は数日前、 HRCR の会報 “Old Stager”に掲載してもらうべく、レポートをやっとこせ
送信していました。
折しも、春先の新城ラリーのレポートが載った最新号が届いたばかり。
あぁやって記事になってるのを見ては

難儀だけどまたがんばるか…

そう思ってやっているそうです。
さて丹後、我々のクルーは寝ても覚めても足を壊すという、散々な結果に終わりました。

丹後ラリー2021ふりかえり①丹後三兄弟
丹後ラリー2021ふりかえり②足が(前編)
丹後ラリー2021ふりかえり③足が(後編)
丹後ラリー2021ふりかえり④飛んでった

何が起きちゃったか、どうなっちゃったか、車載のカメラからご覧下さい。
今回初めて試した12インチ、50扁平のタイヤはもうミニであってミニでないような、そんな
モダン且つ鬼グリップの感触でした。
我々にとって最後になった、2日目2本目『角突リバース』は貼っておきます。
他は下にリンク先を記しますので、よろしかったらご覧下さい。

SS8 Tsunotsuki Reverse

SS1
https://youtu.be/5abYMQ5lt7g
SS2
https://youtu.be/4Uiied6besU
SS7
https://youtu.be/ZNU-4PaWh50

それにしても今日のタイトル、大昔にブログで使ったような、書いたような…
と思って検索してみたところ、やっぱり。
2012年の in ditch(コースオフして溝にハマった)した時に、書いていました。
実はこのことがきっかけでコ・ドライバーが交代、女房殿が乗るようになったのです。

『その時何が起こったか』

シリーズ化しないようにしないと。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US