70年代の雰囲気がビリビリ伝わってくる色合いの車たち。

この車たちが新車で買えた頃、わずか50年足らずの間に

あぐらをかいてても動く車が走るようになるなんて
人が操る道具のはずが、人が道具の機能に合わせるような

そんな時代になっているなんて、彼らは想像だにしなかったでしょうね…
彼らはいわば生き字引。
ちゃんと残すには、知識と経験も蓄積・継承していかないと。
元を知ってモディファイを施すのと、知らないで手を加えてしまうのとでは大違い。

***

Fiat 600D が戻ってきました。
すっかりキレイになって〜❤︎

え、ねぇちょっとなんか強そうな装備が見えますよね…
黒い棒きれのようなものが室内に見えますが…

そうですケージ入り。
ラリー車になるんですもの。
それにしても、堅牢なケージです。

アクセス・営業日はこちら CONTACT US