FORD v FERRARI

定休日の月曜午後、ケーブルテレビのオンデマンドで期限3日で購入したのは

FORD v FERRARI
(これは公式の予告編です)

これの日本公開は 2020年、当然劇場では見られず初めて見たのも確かオンデマンドでした。
若干歴史と違う脚色はあるものの、何度見てもいい映画です。

ムスタングの新作発表会の会場でキャロル = シェルビーが、フォードがシェルビーと手を組んで
ル・マンに挑戦することを発表するのですが、そのスピーチより。
キャロルが10歳の時に、父親が語った話として語られます。

この世で何をしたいか知っている人は幸せだ。
仕事が苦行でなくなる。
でもそんな人たちはごく…稀です、居ても幸せかどうかはわからない。
しかしそんな人たちが稀にいるのは事実です。
何かに取り憑かれ、事がうまく運ばないと他のことが見えなくなる、私もそうです。

この後、同じような人間をもう1人知ってる(Henry Ford) 、
我々は世界一速い車を作る、と発表する流れです。

***

自己破産したケン = マイルズ(後のGT40 の開発ドライバー)は1度はレースをやめます。
そこへ親友のシェルビーからとんでもないオファーが舞い込み、思いにふけっていると妻のモリーは
激怒、車を爆走させた後にこう言い放ちます。

あなたがしたいことをして幸せに感じたら、私は幸せなんだから!

私は思わず言ってました。
「こんなこと言う人、他探してもウチぐらいにしかいないよ!」
女房殿は伝わってて嬉しかった、と言ってました笑

***

世の中また、物々しい雰囲気になってきました。
暑さも何も爆発傾向?
映画鑑賞でもいかがですか?
いい映画です。

競技車だねぇ

今日は2人がかり。
Teal Blue の1275GT です。
ダッシュボード周りの作業をしていきます。

カットスイッチの台座、さっき作りました。
下側のエッジだって、ちゃんと丸めて処理してあります。
(この奥に手を突っ込むことがあるのは、おそらくメカニック=己らですから…)

電力全カット、これをオフにしておくとエンジンもかかりません。
アクシデントの際など、火災などを未然に防ぐのに有益です。
コレ着くと、競技車っぽい笑

こちらではキャブレータの準備を。

競技車 着々

灯火類が着くと、一気に車っぽくなりますよね。
道のりはまだもうちょっとあるんですが…でもコレ、競技車なので内装とか細かいものがない。

代わりにシート廻りはワンオフ作業がてんこもり。
ケージも。

いきなり台風崩れが来る

酷い湿気です。
梅雨が端折られちゃったので、恵みの雨にはなるんでしょうが何とも不愉快な天気が続いています。

暑くて食欲も減退…
休み明けなのに
娘も弁当持ちなので、私もだいぶ前に弁当持ちになりました。
買ってきたものだと、どうしても揚げ物多めだったり味付けが濃かったりとか。
その点、弁当は家で食べてるものが入ってるので、胃袋にも合ってる。

青しそは庭のもの。
今年は豊作なんだとか(女房殿 談)。
刺身のツマに使われるように、抗菌・防腐効果があるので夏の弁当にはぴったり。

***
さて、Fiat 1100D 書類と並行して車体自体もこの湿度の中、進めています。

資料が大変

定休日ですが、仕事。
店へは出ませんが、じっくり書き物とか書類とか調べ物とか、肉体労働の日にしたくない/できない
ことは、休みの日に。

車台番号の石刷りを取ったので、事前審査の支度も本格化〜

7月だ…

1年の半分が過ぎていきました。
あったんだかなかったんだかすらよく分からない、梅雨に気を奪われているうちに1年の半分は
過ぎていきました。

次に納める車、FIAt 110D の支度を始めました。
書類も並行して準備しています。

ちょいと移動

少々移動させます。

で、ボディワークからも1台、戻ってきました。
サブフレーム組んでるんですけど、やや煽られ気味。

Elpaso Beige ]
乾いた大地を思わせる色です。
モノトーン、いいですね。

OMG…でも古い車にはよくあること

赤い Sprite Mk1 いよいよ佳境。
この個体、その昔アメリカから来たんですが輸送中にガラスが割れちゃって。
別なのをつけたのでオリジナルのウインドスクリーンは、オーナーの元にそのままずっと
ありました。

行先 YOKOHAMA
出港地 TACOMA

ピンクの紙にはそう書かれています。
その脇に、横浜に着いてからであろう但し書きが
「サイドブレーキ X 」
今回、オリジナルのスクリーンに戻すことにしました。
入れるガラスは、オーナーがいつかオリジナルと入れ替えようと、ずっと持っていた古いもの。

もー大変な思いして入れました。
最後は肉体労働者2人がかり笑(「リンクコーデになってる」と娘に笑われました)

はぁ〜おかげさまで入ったよぉ〜ありがと〜
ホッとひと安心で、再度天日に当てていたカーペットのホコリを払って戻していたら、女房殿が

「大変だ…ガラスが…」

合わせガラスが音も立てずに割れていました…
古い車の周りではよく起こることです。
枠に入れてゴムでがっつりはめたら、そのテンションに耐えられなかったんでしょう。

実はこの車、整備が全て終わったらアメリカへ帰る(オーナーのお嬢さんがアメリカにお住まい)ので
諸手配は少し先延ばしになりそうです。
…とは言っても、割とスムーズに部品は届くので大幅に遅れるということはありませんが。

この子、「もうちょっとココにいたいんだよ」ってことなのかな笑

排ガステスター

を載せてたワゴンが、いよいよ崩壊し始めたので諦めてワイヤーラックを買いました笑
(右奥に写ってるのが、この度引退するワゴンです)

プローブ(測定のために、エキゾーストから突っ込む棒状のツール)は、網状の棚のどこへ
差し込んでもホールドすることが判明。
プローブのジョイント受け部だけ上手くアレンジして、了。