「割とロープライスで安心して乗れるミニ、ありませんか?」
最近よく聞かれます。
思えば巷に Rover Mini がいっぱい走っていた90年代、もう20年経つのですから
『お手軽ミニ』はもう居ないといっていいでしょう。
私がミニに乗り出した頃…かれこれ37年前。
 Mk1 最終型から 12年しか経っていませんでした。
そう思うと、20年…Rover Mini はまだ新しい、という認識はどうも勘違いみたいです。
50年という長い長い製造期間の歴史は、コストダウンの歴史でもあります。
諸般事情から階段を下りるようにコストダウンを繰り返したモデルは、その代償に都度
ボディの強さを失いました。
年式が新しくなればなるほど、モディファイを楽しめば楽しむほどに後のコンディションは
厳しくなってしまいます。
ロープライスで乗れる…
あ!
1995y Cooper 1.3i がある!
1オーナーでずっと診させて頂いてた車両。
数年前に諸事情あって降りられて、以降私たちが補修して使ってました。
時には代車として…使った方、いますよね。
よく見ればまだ5万km弱。
ボディもリペイントすればまだOKです。
思い立ったが吉日。
今日、まずサスペンション廻りをチェック…以外と軽作業で済みそうな予感。
早速、他の仕事の合間に手をつけました。
ラバーコーン・ショック・ブッシュ・ハブベアリング・ブレーキディスク・パッド。
他、細かい消耗品あれこれ。
sus.jpg
さっさかやって、すぐ終わりました。
あとはボディのチェックを念入りにして、リペイント(オールペンです)。
タイヤ&ホイールをキレイに、加えてインテリアも少々。
これは『割とロープライスで安心して乗れるミニ』になる!
はじめの一歩のミニになる。
重作業に明け暮れていて、こんな大事なことをうっかり忘れるところでした。
もう1台、頃合いのがあるのでそちらは若いの(長男です)に任せます。
あれこれ改造されていない良い個体があれば、高年式でもやりましょう!
この2台、今なら色もお好みで。
まだ間に合います。
はじめの一歩、始めましょう。
欲を言えば…80年代〜94年までがいいですね。

Leave a Reply