Manx Rally 2024 ふりかえり番外編⑧ ホテルの窓から

今回泊まったのは、島の南西の海辺の小さな町。
今ではすっかりその面影はありませんが、その昔はリゾート地として大層賑やかだったようです。

夫が1989年に初めてラリーで訪れた時にはこの地はヒストリックカテゴリーのHQ で、海を見下ろす
高台にホテルが軒を連ね、それは華やかだったといいます。
蒸気機関車の終着駅がありだいぶ寂れたとはいえ、中心は「腐っても駅前」ひと通りの物が揃います。

我々の泊まったホテルは町の目抜き通り Station Road の西の端に面しており、滞在したファミリー
ルームからは町の暮らしがよく見えました。

銀行の隣のお店が、どうにも気になって。
“Age Concern”
2nd hand … いわゆるリサイクルショップに見えます。
店の看板は、直訳すると『年齢の懸念』。
ますますよくわかんない…

ちょっと調べると、割と簡単に出てきました… Age Concern 。
高齢者(50歳〜!)の…

老後の健康と幸福を向上させ、高齢者が必要なときにサポートを提供し、高齢者の声に耳を傾け、
社会の中で高齢者に対する前向きな姿勢を築き、島を老後を過ごすのに最適な場所にすることです。

(ウェブサイトトップページの日本語訳)
詳しくはウェブサイトをご覧いただくとして、私たちが滞在中に毎日眺めていた店舗は寄付によって
集まった古手(というか不要になったもの)を販売する店舗でした。
そこでの収益は、団体の運営資金・サービスの資金になる、という仕組みだそうです。

体調の変化とか、何か起きた時に手厚い…日本は、地域で差があるにしても介護を経験した身としては
まぁ…
でも、何か起きるその「手前」については、まだまだ足りないと感じています。
その「手前」の活動に深く関わっているのがこの age concern なんですね。
UK(各地域で独立してるみたい) にも New Zealand にも同じ名前の団体がありました。

こういうところからも感じますが、「土地への愛」が日本の感覚とは違うなぁ…と。
そのあたりは、また別のふりかえりで。

大地のめぐみ

お客様が、今年もお手植えのじゃがいもを収穫してお持ちくださいました。
自宅ガレージで、数日放置してしっかり乾かします。

定休でしたので、いただいたじゃがいもを使ってコロッケとフィッシュケーキを作りました。
(毎年、やってることは一緒です笑)
近々人も寄るので、餃子を作る感覚(1度に皮を3〜4袋分、作ります)でどっさり作りました。
どっさり茹でて、2つに分けて、一方は牛の挽き肉を合わせてコロッケに。
もう一方はタラ・サーモンをソテーしてほぐしたものを合わせてフィッシュケーキに。
餃子・コロッケ・フィッシュケーキは、女房殿は作りませんボクの担当。

で、今日食べる分だけ揚げて、残りは個包装で冷凍〜

じゃがいもの味を邪魔しないように、塩コショウは控えめ。
うむうむ、フィッシュケーキももうブレません、美味しい。

いつもありがとうございます!

あれこれミニだらけ

Rover Cooper, Mk1 のボディシェル, 1275GT, Innocenti まで…
いろんな素性、いろんな個性が今日のガレージには詰まっています。

コレ全部、ポジドライブドライバーです。
4種類。
左から旧タイプ、ポジドライブ、フィリップスドライブ、JISドライブ
旧タイプは最近あまりないので錆ついてますね。
フィリップスはヨーロッパ車に多くつかわれているタイプ、FIAT とか Innocenti とか。
JIS は日本の規格です。
一見、同じように見えますが微妙に違います。
我々の仕事は、技術もそうですが道具も宝です。

Manx Rally 2024 ふりかえり番外編⑦ フォトグラファー

ふりかえりの序盤で、かつて Team Japan に同行したフォトグラファーのことを少し書きました。

島の内外から、熱い走りを収めようとフォトグラファーが集まります。
彼らが撮った、臨場感あふれる写真たち。
ラリーという競技自体、時代と共に様々大小変わりましたが、それを取り巻く諸々も変わりました。
写真を手に入れる、その方法にも大きな変化が。

その昔、夫が血気盛んに年イチで通っていた90年代のラリーでは、イベント後にL版の写真のサンプル
がホチキス留めで送られてきて、その中から申し込む…という方法でした。
これは1993年、RAC ヒストリックの時のもの。

夫がマン島ラリーに復帰した頃(2009年)には、画像は既にデータで管理するように。
facebook など SNS にフォトグラファーがアップロード、写ってる人は各々へアプローチしてデータを
譲ってもらう、そんなスタイルが一般的です。
事前にコンペティターに「お写真撮りまっせ〜 何枚いくら」とメッセージを入れて顧客を募る、
というケースもあるようです。
私は画像が欲しくて、あとは現地のラリー仲間と繋がっていたくて、アカウントを作った感じです笑

フォトグラファーも、実にいろんな人がいて。
プロは当然支払いが発生しますから、PayPal で支払ったり
好きで撮ってるからお金は要らないよ〜 email address 教えて〜 そんな人もいます。
あ、去年のもあるし、だいぶ前のだけど2014年のもあるから一緒に送るよ!なんて人も。

こんな人もいました。
ボクは cancer foundation(がんの研究やサポートをする財団)に携わっていて、もしボクの写真にお金を払ってくれる気持ちがあったら、財団に寄付して欲しいです。
UK のでなくても、日本の財団でももちろん構わないよ。


あぁ、こういう考え方は見習いたいなぁ。
素直にそう思いました。
もちろん速攻で!寄付の手続きをしたのは言うまでもありません。

Manx Rally 2024 ふりかえり番外編⑥ 迎える側

今年は、前述の通り140台フルグリッドのところを 200台を超えるエントリーがわずか数日、もっと言うとオープンから2時間足らずで枠を大幅に超える申し込みがありました。
蓋を開ければ、出走できたのは規則書にあった記載を超える152台。

出場者が膨れ上がるということは、各方面様々に「かさばる」ということ。
まず時間。
基本1分毎のスタートですから、スタートするだけで単純に152分。
マン島のステージラリーは公道を閉鎖して行われるので、ラリーの進行に合わせて箇所箇所で公道の
交通閉鎖が生じます。
多くの場所が生活道路なので過去には、クラッシュなどで遅れが生じそのままラリーが進行すると
予め予定した公道閉鎖のスケジュールをはみ出すので、『キャンセル』ということもありました。

マンパワーも同様。
参加者が多ければお世話を焼く人員も増やさないと行き届きません。
当日へ向けての印刷物、配布物、看板の製作修繕・設置や会場設営などの下準備系の仕事。
そして当日の窓口対応、現場の人員(マーシャル等)、安全等の監査含め当日の裏方まで。
本当に人の手が要ります。
これは2016年、山の上の Revensdale と名のつくステージ。
左方にはマン島の旗、反対側には日の丸…いつも歓迎して下さって嬉しい。

ちょっと話がそれました。
昨年、競技2日目にこんなメッセージが入ったのを紹介しましたが、覚えておいでの方はいらっしゃ
るかしら。

おそらく…1日目でリタイヤしてヒマな人とその関係者に宛てたメッセージ。
人手は、あるに越したことはないのです。

今年は、だいぶ早い段階から島の内外の人へマーシャルの募集をしていました。
直前の週末には、島の北と南のパブで講習会を開催、初心者向けに一般的な知識と具体的な分担を
共有したようです。

参加者、運営、(もっと言うと観戦者)どれが欠けてもラリーは成功しないので…
我々と一緒に日本からラリーの要件で出かける人の中から、1日でもいい…マーシャルに参加する
人、出ないかなぁ。
迎える側で参加する人、出ないかなぁ。
言葉が仮に不十分でも、できることはあると思うんだけど。

今回、会場の出入り口の門番を務めていたオフィシャルは、ご夫婦で携わっていました。
しかも!5か月くらいかなぁ…赤ちゃん連れ。
ママは日焼けして真っ赤、赤ちゃんもそれなりに日焼してたんじゃないかなぁ。
ベビーカーで、抱っこで、お昼寝中は車の中で、赤ちゃんもしっかり参加してました。

人は環境の影響を大きく受けますから、きっとこの子はそのうち一緒にオフィシャルやるように
なるんでしょうね。
娘も、クラブのロードラリーでオフィシャルやってます。

Manx Rally 2024 ふりかえり番外編⑤ 食の変化

夫がイギリスを訪れるようになって35年あまり、女房殿こと私ですら20年と少し。

「イギリスメシはマズい」

この定説は崩れつつあるように思います。
(そもそも私たちは、マズいと思ったことがないのですが…)
マズいと日本人が言う、その心は

味が単調(ついていないことも…塩、コショー、ビネガーがドーンとテーブルに置いてある)
野菜の種類が乏しい
メニューがどこへ行っても一緒
火を入れすぎ

このあたりでしょうか。
採れる野菜が少なく、あっても生食に適していないので、どうしても煮込むことが多く…
スープとか煮込みとか、じっくりしっかり火を入れる。
そのせいか、お肉は焼きすぎなことが多いです笑
Gammon Steak (豚の塩漬け)などは塩っ辛いやらしっかり焼いてカチカチだわ…

どこへ行っても Fish & Chips ばっか、何を頼んでもイモがたんまり。
「ハーフサイズ」なんてオーダーできるから頼んでみたら、メインミールが半分の大きさで出てきた!
イモはそのまま…OMG!!

***
そんなイギリスメシも、だーいぶ変わってきました。
① 付け合わせに生野菜

キッシュに生野菜が添えられています。
かつてもありましたがかつてのそれは、キューカンバー(キュウリ)が数枚ペロペロリーン、と
いった感じ。
@Victory Cafe. Snaefell
アドレスがスゴい… 31st Milestone, TT Race Course, Isle of Man

② どこでもコーヒー

イギリスでは、Starbucks / Costa が二大勢力。
モーターウェイのサービスでも、ほぼ必ずと言っていいほどどちらかがあります。
Starbucks はドライブスルーが散在します。

@Costa. Strand Street, Douglas

@M40 Welcome Break Oxford (2023 に撮影)

その昔は、よほど大きいホテルや何かでないとちゃんとしたコーヒーは飲めませんでした。
とにかくお茶(紅茶)、ポットでたっぷり。
で、おしゃべり。
これはとある朝、宿泊プランに敢えて朝食をつけずにさっさと移動を開始した日の朝食です。
紅茶はポットで、同じ器でなみなみのラテ。
ホラ…チャバッタっぽいパンにハムチーズだっけな?が挟んであって、付け合わせに生野菜。
@Tesco Express. Southport

③ お肉柔らかーい

ガッチガチの塩っ辛いギャモンステーキが食べられる昔ながらのパブももちろんありますが、なんと
イギリスでステーキハウスに入りました。
昔ながらのパブがリノベーションして、有名どころのシェフを迎えてステーキハウスを併設、かなり
土地では流行っているようです。
知らずにそのホテルを予約、併設のステーキハウスで夕食をとりました。
奥は豚の骨つき肉、手前はステーキサラダ!
サラダはリーフ類とアボカド!それに櫛に切ってグリルしたカボチャがどーん。
イギリスでアボカドなんて…昔じゃ考えられなかったけど、今ではマーケットでも売ってます。
@Miller & Carter Steakhouse. Aughton Lancashire


④ 盛り付けおしゃれ

上のステーキハウスの写真でも伝わると思うのですが、盛り付けがおしゃれなお店が増えました。
フィッシュアンドチップスも、この通り。
@The Chip Shed. Bourton on the Water

もちろん、いわゆるパブメシは健在です。
でもパブメシも盛り付けにひと工夫が見られるなど、変化が。
なんとこれは、我ら Team Japan の台所(言い過ぎ?)George Hotel での夕食。
@George Hotel. Castletown

これは別におしゃれってわけじゃありませんが、島を代表する食材 Manx Queenie(小ぶりの帆立)の
バタークリーム煮。

– – –
誰だ?イギリスメスがマズいなんて言ったのは?
私はそうは思いません笑

さぁ、どんどんやるよっ

Mk1 組むよっ

Innocenti Mini 入庫したよっ
– ミッション O/H
– フロントヒーテッドスクリーンへの交換

早速エンジン下ろして

割った( エンジン と トランスミッション )。
1001(Mille Uno)ってモデル。
ウーパーと違って配線どっさりいないから、フロントガラス廻りを触るのも、さほど厄介じゃないな。

梅雨の前

うっとおしい雨の季節を前に、庭(っぽいところ)の植物を楽しみます。
夫の出勤を孫と見送って、その足で庭っぽいところで花を摘んだり、「何となく家庭菜園」の葉を
採ったり。
朝食の片付けも終わってないのに、摘んだ花を活けて…
床では孫があれこれ散らかして、遊んでる。
何とも「無事」が嬉しい、朝の台所です。

高く生えて花を咲かせるハーブ、ベルガモットに似た香りがなんとも香しいモナルダ。
我が家では専ら切り花として、開花するや否や摘み取られます。
ドクダミのように地下茎で増えるので、繁殖力が半端ない笑
放置がモットーのこの庭では、どうなるかは推して知るべし…
4シーズン目に突入ですがどんどん幅を利かせて、ついに何年も摘んでは乾かしてお料理に使ってきた
オレガノが負けて消えてしまいました…


この時期に『水無月』を食べないと、落ち着きません。
水無月は白の外郎生地にたっぷりの小豆が載って、三角形に包丁された和菓子。
赤みを帯びた小豆で「魔除け」、三角はこれからの季節を乗り切るために「氷」をそれぞれ表します。
1年の半分が終わる6月30日、半期の憑きを落として来る半期の息災を願う『夏越祓』(なごしの
はらえ)に、 水無月は欠かせないお菓子です。
トレイの右側に写ってるのが、「水無月」。

お使いものを求めに行きながら、たんの和菓子店で水無月を求めました。
今日は思いつきではないので、ちゃんと通い籠(奥に写ってる荒い編み目の籠)を持参しました。

和菓子は季節を先取りしながら、見て楽しい食べて美味しい立派な日本の文化です。
こちらは和菓子の伝統を大切に保ちながら、お店のしつらえや空気感にはご主人とおかみさんの
世界観をきちんと盛り込んで、ホント素敵なお店で素敵なご夫婦です。
庭(っぽいところ 笑)に花がある時には、ほんの少しですが摘んで差し入れしています。
大好きな空間演出のお役に立つなら、と思って。

Manx Rally 2024 ふりかえり番外編④ Norfolk

昨年、個人的に購入した 巨匠こと Peter さんのMorris Mini Cooper’S’。
巨匠から、渡航の折には必ず立ち寄ってほしい、とお招きを頂いていたので…お邪魔しました。
Norfolk 、満ち引きの激しい干潟が有名な低地帯です。
2017年 に仲間と11人でお邪魔して、ディナーをご馳走になるという…そんなこともありました。

今年は家族だけで伺いました。
思いの外、道中時間がかかってしまったので夕方前にやっとこせ到着。
どうやら前日まではお天気悪かったらしく、「お日様を連れてきた」と言われました。

「夕食まで時間があるから、ビーチへ行くかい?」
到着して、開放したサンルームでドーナツを食べてからビーチへ。
ドーナツは前回立ち寄った、ココのもの。

ビーチは、National Trust にも登録されている Brancaster Beach
ローマ軍が作った街は “xxxcaster” っていうんですよね。
ローマ軍が築いたとされる砦が残っているそうです。
ちなみにこの時代の建造物で有名なのは、「ハドリアヌスの長城」。あぁ…歴史で習ったっけ。

満ち干きの差が激しく、タイミングによっては公営駐車場も水に浸かります。
Tidal Flooding …高潮による冠水、ですかね…高潮の時には道路閉鎖があるようで、その告知板です。

いやぁ、写真に撮っても伝わらないんだなぁ…


ディナーは730pm にスタート。
いつも素敵なご家族。
奥様の Fern さんはホントに料理がお上手。
Peter さんがラリーの時、我々にいつも持ってきてくれたケーキは奥様のお手製。
あ…焼き型、買いそびれちゃった…

Appetizer というか、メインミールの前に供されたのは smoked fish pate …でいいのかな。
スコットランドのものだそうです。
彼は Dundee 出身なので、お里の懐かしい味 でおもてなししてくれました。
魚は haddock (タラの一種)と言ってました。
見かけたレシピによれば、牛乳でタラの燻製を少し煮て、サワークリーム・ヨーグルトなどと混ぜ合わせてペーストにする…フムフム。
薄く切ってカリっと炙ったトーストとよく合い、ワインがすすみます。
珍しく私も白ワインをいただきました(こんなこと滅多にない!)。

さてメインミール。
ステーキパイをご馳走になりました。
ステーキと言ってますが厚切りの1枚肉ではなく、食べやすい大きさにカットされた牛肉を煮込んだ
ものがパイで包んであります。


付け合わせは温野菜とマッシュポテト(どうでもいいけどすんごい量!。
グレービーソースでいただきます。
温野菜は千切りより粗くざっくりカットされていたので多分、チーズをすりおろす粗目のおろし金で
おろしてるんじゃなのかな…
今度真似してみます笑

食後は…夫の好物!Sticky Toffee Pudding キター笑

なんですかこの量、アイスクリームはバニラとチョコレートの2色…
コレ、家で作れるようになりたいけど…できるかなぁ。
暖かいプディングに、アイスクリーム。
溶け出してまー美味です。

美味しくて楽しい時間をありがとうございました。

***
明けて翌日は、朝食が終わる頃には雨がポツポツ降り出しました。

翌朝はもう帰国のフライトなので、オンラインでチェックインを済ませてから朝食へ。
前回もそうでしたが、朝食のスクランブルエッグは Peter さんの担当。
奥様は、ゆっくりめで出来上がった頃に姿を見せました。

Peter さんはステージラリーを引退し車も処分(私が譲ってもらいました)したので、ロードラリーを
楽しめる車を組んでいます。
途中のものをガレージで見せてもらいました。
息子さんが組んでいて、ツボやらコツやらを耳打ちして…
リタイヤ後のこういう暮らし、憧れます。
少しずつ自分の時間も持ちたいなぁと思い、後ろ髪を引かれながらも Norfolk を後にしました。
車で出発する頃には降り出した雨が本降りに。
ホントは、前回案内してもらった立ち寄りたい場所もありましたが、雨がすごいので割愛。
次のお楽しみ、ということにします。



悔しいけれど

昨日、とある方の訪問を受けました。
念願の夢だったパン屋さんを自宅を改装して開業、自分で作って奥様と二人三脚、噛むほどに味わい
深いパンを作ってらしたのですが…

パン屋やめました

小麦で著しく体調を損ねてしまうようになってしまった、らしいのです。
パン屋さんが…
大好きなパンの原材料で…
かなりの高性能防塵マスクをつけて作業しても…ダメ。
ひどい時には呼吸困難に。
で、ついにドクターストップがかかってしまったそうです。

その無念たるや、想像もできません。
彼が手に持った紙袋の中には、白黒のごまをたっぷり頂いたまぁるいあんぱんが4つ。
きっと最後に焼いたパンをお持ち下さったんでしょう。

今朝、家族でいただきました。

この先、手に持つ資格を活かして全く違うことをするようですが、人生一度 きっと彼なら自分らしく
生きていけるハズ…応援します。

食べ物屋さんでなければ、時間の融通は少しくらいきくだろうから…
彼の島(マン島)を見せてあげたいなぁ。