また台風だ

2週続けて台風がやってきます。
確かに秋は野分(のわき:秋に吹く暴風=台風)の季節ですから、まぁ言ってみれば風物詩(あまり歓迎されませんが)とも言えましょうが…
気候変動の影響で、しょっちゅうだったり例のない大きさだったり、不安な日が続きます。

ココで何度かおしらせした店主主宰クラブに寄るロードラリー、9月25日(日)つまりこの週末…
を予定していましたが、この通りなので昨夕に延期することになりました。
基本ラリーは天候に左右されないのですが、嵐となれば話は別です。
あわよくば、とも思うところですが半島へ分け入って気持ちのいい道を走るので、万一土砂崩れや
倒木などで、危ないことになってもいけません。
往復で交通規制など生じて、来られないならまだしも帰れない…なんてことになったら!
加えて計測などするオフィシャルは、外で対応することもあるので暴風は危険。
仮に早く回復しても、コースがクリアかどうか確認する時間がありませんしね。

何でも判断は迷うところ、これまでの準備を思うと惜しいに決まってるんですが何よりも安全が優先。
なので、ひとまず延期です。

河川の氾濫が多数発生し、各地で大きな被害が出た2019年の台風19号が接近している時、我々は
飛騨高山へ向かっていました。
同地で開催される、全日本ラリーハイランドマスターズへ参戦するためです。
試走の日の夜は、飛騨牛を朴葉味噌で頂きいい感じ(不安に思いつつも)だったのですが

明けて本番、嵐の中で午前中は予定通り行われ、午後はキャンセルとなりました。
予定通りに午前中走らせたことは、後日賛否両論ありました。

ホテルに戻り、午後は溢れかえらんばかりの箱根(早川)の様子を TV で唖然と観ていたのをよく
覚えています。

我々は車の中にいますが、ラリーを動かしているオフィシャルの皆さんは屋外で我々競技者を待って
くれている訳で、かなり危険です。
サービスも同様で、サービスが設置される場所は広いところと相場が決まっているので、強い風が
吹き抜ければ、テントなどひとたまりもありません。
午前中のルーティーンを終えて戻ったら、サービスはテントを畳んでぐっしょぐしょになりながら
我々の戻りを待っていてくれました。

翌日は台風一過、スケジュール通りでしたが我々クルーはリタイヤ → 積載車のお世話になりました…
悪路とリタイヤとは関係ありません…

とにもかくにも、天候には勝てません。
早い決定は、関係者が気を揉まずに済みます。

さぁ、いつ仕切り直そうか。

Montre 2022 何というか、もうだいぶ前

“Montre 2022z 6月に群馬で開催されたターマックラリー。
ずいぶん前のことのように感じます。

Montre 2022 のふりかえりは全5回完結(笑)です。
① ホントにターマックラリー?
② 「グンマー好き❤︎」
③ あっという間に
④ 携わり方
⑤ そうと決まりゃぁ…

振り返ると、さっさとリタイヤした割には盛りだくさんな感じです。
来年はお気に入りの群馬リベンジしないと。
またあの宿に泊まれるように頑張ります(しつこいね)。

先日もここに記したように、今年はもう全日本には行きません。
では先日の予告の通り、Montre 2022 のステージから、SS2 “South Pasture 1” をご覧ください。
途中でデフが壊れちゃったステージです。

彼女はきっと忘れられないだろう

BBC のキャスターが、一連の女王崩御の報道の締めくくりに言った言葉です。

Queen Elizabeth II has gone, but she will surely never be forgotten.
女王エリザベス2世は去ったが、彼女はきっと忘れられないだろう


https://youtu.be/V_gy9DFtw5U


報道などでご覧になった方も多いかと思いますが、貼ります。
儀式の力を信じていたという女王の葬儀。
綿密に立てられた計画には、女王の意思と希望が随所に組み込まれていたといいます。
旅立ってもなお、国の団結とその行く末を照らした女王。
首都ロンドンでの葬送はそれは厳粛かつ重厚なものでした。
隣り合う仲間と腕を組み、砲台に乗せられた女王の棺を引く海軍水兵や、バグパイパーズの列、
歴史絵巻を見るようですが、それは即ち参列する皆の忠誠が姿に現れているようで、遠い国から何か
引き締まる思いで見ていました。

一転、居城であったウィンザー城へ。
盛大な葬列なんですが、家へ帰るからなのか…どことなくプライベートな感じもしました。
人垣を過ぎ、ゲートをくぐると芝生を貫く1本の道。
その両脇には、帯状に切り花が敷き詰められていました。
すごくナチュラルで、ふんわりした…帰ってきた、そんな雰囲気を感じました。

お人柄が表れているような、これでゆっくり休めるのかな、そんな気持ちになりました。

ウィリアム皇太子の上2人のお子さんが葬列に参加したのも、非常に興味深かったです。
葬儀は長い時間に渡るので難しい判断だったと報道にありましたが、実は王位継承順位2位・3位で
あり、いろんな意味でとても価値のある参列だったのではと私は思います。
このような場面でどう立ち回るか、大人はその場でどうにか繕えても子供はそうはいきません。
普段からどのように女王と接し、ひいおばあちゃんをどのように理解していたていたかが、透けて
見えるようで、心を打たれました。
ご両親の教えだなぁ…と、子を持つ親として、素晴らしいと思いました。
特殊な環境 …いろいろあったろうし、今もあるだろうし、この先もまだまだあるんでしょうが…
それでも、このお子さま方とそのご両親が、ますます幸せなご家庭を育まれるように…
そんなことを思いながら、葬送を見ていました。
きっとひいおばあちゃんが守ってくれます。


余談。
ちょいとミーハーなのですが、軍服で列席している人が軒並み聖堂に入ると帽子を脱いでいるのに、
アン王女は軍帽を脱がなかったんですよね…
どうしてだろう…きっと理由があるはず。
(画像は Getty Images 他 より)

LONDON, ENGLAND – SEPTEMBER 19: Anne, Princess Royal, departs Westminster Abbey after the funeral service of Queen Elizabeth II on September 19, 2022 in London, England. Elizabeth Alexandra Mary Windsor was born in Bruton Street, Mayfair, London on 21 April 1926. She married Prince Philip in 1947 and ascended the throne of the United Kingdom and Commonwealth on 6 February 1952 after the death of her Father, King George VI. Queen Elizabeth II died at Balmoral Castle in Scotland on September 8, 2022, and is succeeded by her eldest son, King Charles III. (Photo by Christopher Furlong/Getty Images)

ちょっと調べたところ…
中世ヨーロッパのキリスト教の教会において、女性はヴェールか帽子で頭を覆うことが義務付けられて
いたことに由来する、という説があるようです。
同様に、食事を取る席でも女性は脱がなくてもよいとされていたそうです。
きっとこれだ〜 ❤︎
納得。
ここでいう帽子は、それこそ軍帽だったりファシネーター(装飾性の高い頭の装身具)の類ですよね。

でもファミレスとかで、帽子とらないでご飯食べてるのとか見ると引くわ笑

女王にお別れをする列

5マイルもの列が、昼夜問わずウェストミンスターホールに向けて続いています。
最大25時間待ち…仮設のトイレは500か所、並ぶ際にリストバンドをつけることで列から一時的に
離れ食事やトイレにっつことも可能…非常にシステマチックです。
そして棺との面会の前には、空港並みのセキュリティチェックがあります。
透明な水等以外は持ち込み不可、食べ物も持ち込み不可(置いていかざるをえない食べ物はフード
バンクに寄付される、という徹底ぶり。
誰にも開かれた、女王の棺との面会のチャンス。
元サッカーイングランド代表の David Beckham も、列に並び女王にお別れをしていました。
列に並ぶ間は、巡礼のような気持ちだったという人もいました。
列に並んだ、というのはここに並んだ人全員の共通の思い出になるわけです。

その列に並ぶ人たちの元を国王と皇太子が予告なしに訪れ、交流をしていました。

弔問に訪れたことを感謝し、夜中は冷え込んだろうと労い、
列に並ぶ市民を見舞ってくれたことに感謝し、母君の時代の貢献を感謝する。

互いに感謝し合い、思い合って美しい交流だなぁと思いました。

伝統的な儀式に触れる

エリザベス2世崩御の翌日、ロンドンの St. James 宮殿では『王位継承評議会』が開かれ王位の継承が
宣言されました。
引き続き新国王による即位宣誓式が行われ、これまでは非公式で行われてきた儀式ですが、今回初めて
テレビカメラが入り中継されました。
評議会の参加者は、枢密院(国王の諮問機関、主要閣僚・国教会大司教・法曹高官等)の議員。
儀式には十分に慣れているであろう彼らが、新国王の宣誓を聞いて涙を浮かべていました。

評議会には、法的な力はありません。
なぜなら、先帝が亡くなった瞬間に王位継承1位の皇太子に王位は移っているので…
評議会は、あくまでも儀式です。

評議会の後には、チャールズ3世が即位したことを世に知らせる王位継承の布告が読み上げられました。
新国王の即位を市井に広布する儀式です。
今この世の中は、報道や SNS などで世界中のありとあらゆることを、割とリアルタイムで知ることが
できます。
でも、こんなのここ数十年の話。
ほんのすこし前までは、そんなツールはありません。
ですから昔から、全土に新国王の即位を知らせるための儀式がありました。

評議会と同日にロンドンで、翌日には全土各地で布告が行われます。
BBC の中継でこんなことを言っていました。

奇妙な帽子をかぶり、難解な言葉でなされる、これまで閉ざされてきた伝統的な儀式。
それが現代のツールで中継がなされた、とても興味深いで意義あることだ、と。
国民が伝統的な儀式に触れることで、歴史と繋がった瞬間だ、とも言っていました。
国民が国の伝統を知る、それは団結につながります。
君主制においてとても重要なことです、と。

君主制がどうなっていくか、国王の交代で状況が変わるかもしれません。
女王がスコットランドで晩年を過ごし最期を迎えたことは意味がありそうです。
時代が君主を求めるているのかどうか。
少なくとも1つの時代が終わったのは事実です。

Hose Pipe Ban

この夏ヨーロッパ各地で熱波が報じされ、渇水が深刻な問題となっています。
あちこちで Hose Pipe Ban が発令され、我々が足繁く通うマン島でも7月29日から規制が敷かれて
いましたが、9月7日をもって制限は解除されたようです。

禁止される行為としては

– ホースを使って庭や植物に水をやる
– ホースを使って自家用車、バン、バイク、トレーラー、またはレジャーボートを掃除する
– 家庭用プール、子供用プール、または装飾用の噴水を補充または維持する
– ホースを使って壁や窓を掃除する
– ホースからの水を、家庭の娯楽に使用する
– ホースを使用して、小道やパティオをきれいにする
– ホースを使用して、他の人工の屋外表面を清掃する

ホースで1時間水を流しっぱなしにすると、一般的に 1,000L 消費します。
お風呂の浴槽で勘定すると、約5杯分。
なんとなーく、ジャージャーは、確かに緊急時皆で控えたら効果が大きそうです。
違反した場合は最大 £2,000.- が課せられます。
(メインランドは最大 £1,000.- )

イギリスでこういう規制がかかるようになるとは…


オーストラリアで、似たようなもの/ことを見聞きしたことがありました。
あちらは、相当な乾燥による火災が日常的に問題になっています。
一般的に森林火災は Wildfire といいますが、オーストラリアでは Bush Fire と呼ばれます。
彼らの合言葉は “Stay away from the bush.” (藪に近づくな)
天気予報のように火災予報的なものが日々報じられていて、気温や風速、乾燥具合などから
火災危険評価(Fire Danger Rating)が出されます。
その評価にに沿ってTotal Fire Ban(火気使用禁止令)が発令されるんです。
手持ちの画像が見つからないので…インターネットから。
ハイウェイとか走ってると、こんなパネルが車窓から見えます。

これが発令されちゃうと、保存鉄道は残念ながら蒸気機関車の運行が出来ません。
蒸気機関車の代わりにディーゼルが走ります。
オーストラリアで2度、保存鉄道に乗りましたが幸い食らったことはありません。
オージーが大好きな BBQ も、屋外で火気を扱う(野外調理)のでもちろんで禁止です笑

西オーストラリア州には行ったことがなので聞いた話ですが、洗車禁止命令が出ると窓とナンバー
プレートの清掃のみが許され、そこだけ水拭きされた車が街を走っているらしい…
昨日の話じゃありませんが、ところ変われば考え方や感覚(緊迫感なども含む)は様々。
まぁいいじゃない…みたいのは通用しません。

喫煙とかもそうですよね。
マン島の定宿 Sefton Express で我々が宿泊中、朝っぱらから火災報知器が鳴って消防車が駆けつた
ことがありました。
危機に面した時の対応に、お国柄が出ているなぁ…と思ったのを思い出します。
とりあえずさっさと外へ出ましたが、他の宿泊客は文字通り「着の身着のまま」外へ出てきてました。
バスローブ羽織った人もいたし、靴を履いてない人も。
一緒に渡航していた仲間の中には、ゆ〜っくり出てくるのんきな人もいて。
どうせ誤報だろーよ?ってとこでしょうか…
ナニそれとも鳴らしたの?!ってくらいのんびりしてて、呆れた覚えがあります。
日本人、危機感ない人多いよ…

環境が人を作るね

今日は、娘を親の都合で連れ回してきた話をします。

みなさまに可愛がっていただいてる、うちの娘は 2006年生まれ。
海外ラリー参戦/海外出張 そんなに頻繁にあるものではありませんが、その殆どに娘は同行
しました。
旅程的にはラリーなら2週間、出張なら1週間と少し程度。
夫が海外ラリーに復帰したのが 2009年、娘は2歳9か月でした。
やがて幼稚園、小学校、中学校と進むわけですが、構わず連れて行きました。
当然、渡航費用は安くありませんし、「学校を休ませるのか」といろんな人からやや批判めいた口調で
よく言われたものです。
出席日数だの、定期テストだの、気にならなかったかと言ったらそれはウソですが、担任・学年主任
などにざっかけなくありのままを伝えると、「ご家庭の教育方針に任せます」と、すんなり承諾。

先生が理解して下さってたかどうかは知らないけど、結果から言うと、少なからず価値観や物の見方に
影響はあると思います。
例えば…自分の暮らす毎日が、自分には当たり前でも場所が変わればそうじゃないこと、とか。
知っているのとそうでないのとでは、エラく違います。
固定概念に囚われづらい、物事を広く見られる、変化に柔軟でいられる、etc …

本人に聞くと、当然小さな頃は記憶がだいぶ曖昧だと言いますが、目で見て驚いたり肌で感じたり
足で歩いたりした記憶や経験は、その人のものになる。
形には残らないし、どんな余韻を残すともしれないけど、その人の血肉になる。
例えばそれが些細なことでも、

場所が違えば飛んでる鳥の色も全然違うんだね!とか

自由な動物園もあるんだね!(クジャクが園内をフラフラ歩いてる @ Melbourne Zoo)とか

日本じゃようやく袋に入れるとか勿体無いって言い出したけど、外国じゃ当たり前なんだね!とか
(参考までにこれは2010年メルボルン Victoria Market)
パックに入ってるなんて、ナンセンスだよ!とか

子供って優先なんだね!(それがどういうことかを教えるのは親の仕事)とか

その昔から、街をずっと見守ってきた教会が、肩肘張らないで今も静かに残ってるね、とか
(日本は木造なのと、地震が多いから難しい部分もあるよね)
それにしても、日本は「保存」っていうと過剰に整備しちゃうのってアレはなんだろう…とか

ねー見てーっ教会跡からすぐのお家にこんな表札が!Abbey Place で祈る姿だよ!
(実はこの後、自宅を建てた時にこんな感じの表札を UK にオーダーしたのでした、ミーハー笑)

上手く言えないけど、人は経験の生き物だから。

雨、降らなかった!

夫から午後、要請が。
「もし時間作れるなら…ノーチラス洗ってワックスかけてくれる?そろそろヤバい。」
ホイきたガッテン承知の助っ

娘とボトムを取り替え(私;綿のマキシスカート ⇄ 娘;中学校のジャージ)、いざ。
ノーチラス号はワックスもかけるので、流したら炎天下から避難、火照りを冷ましましょう。
その間に2台目を洗車。
そんなに洗って大丈夫?快晴だけど大丈夫…?
それにしても何て暑いの。
汗が止まりません。

赤いのを洗って拭き上げるうちに、ノーチラスの粗熱が取れたのでワックスをかけます。
今日は念入りに…天を向いている面(ルーフ・フード)は2度がけ。
ミニはボディの鋼板が室内に見えている部分があります。
Mk1 – 3 のベーシックモデルのダッシュパネルとか、ドアパネルとか。
そういうトコも、ワックスかけると気持ちがいいですよ。
特にドアの下方とか、ボディ側面のドアの開口部の下の方にワックスきいてると、水はけもそう
ですが、汚れも付きづらいのでなかなか有益です。

ピカピカになりました。
家へ帰って、ひと通り済ませてからこれを書いていますが、まだ雨は降りません…

重たいよ、もう卒業か 笑

B Type のエンジンを組んでいます。

若い頃は何にも思いませんでしたが、Big Healey のとかももう重くて…
年寄りは A Type に専念して、でっかいエンジンはエネルギー溢れる若い人に任せよう。

***
夏の一番暑い頃に岐阜へ登録/納車に行きました
ほどほど走ったので、最初のチェックにやってきました。
ちょいと到着までにトラブルはあったものの…頑張って慣らししてね。

去りゆく夏に、盛夏のことを少々 ⑤

少々、という割には随分長い…もうすぐ終わりますので(笑)もうしばらくおつきあい下さい。

***
動きたくないくらい満腹ですが、仲居さんに

「夜のお散歩、是非いらしてくださいね〜川向こうの竹林、夜はまた趣があります。」

と、体良く部屋から追い出され…
それもそのはず、上げ膳据え膳を熱望しお部屋へお食事を運んでもらいましたから。
そして食堂が寝間になるんだもの。
しかもお支度までしてもらっちゃうんですから。

邪魔。

さぁて、退場を命ぜられ腹ごなしに夜の散歩。
温泉地にはポツポツ足湯ポイントがあります。

お部屋から見えた朱塗りの橋。
これを渡って、例の竹林の小径へ向かいます。
仲居さん曰く、京都嵐山の竹林をイメージしてもらうとちょっと見劣りしますが…と。

いい雰囲気だよ?
川の音がなかなかに勇ましい…さわさわというよりはドードーに近いのかな。

この後、露天風呂に入って満足満足。
いつもより随分早く床に就きました。

お布団を敷き終わって仲居さんは、朝ごはんの時間を確認して下がっていきました。
朝ごはん…こんなに食べたけど夜が明けたらまたご飯…大丈夫かな笑

去りゆく夏に、盛夏の小旅行のことを少々 ⑥ へつづく