みんなミニに乗ってる!

今日、グレイスでドラマチックな出来事がありました。
10年来クラブ員として活動している2人と、ここ2年くらいのとあるお客様。
かつてはよその集まりで、短い間だったけど袖触れ合ってた…らしい。

互いに今どうしているかは、気になっていたけど知らずじまい。
「え…あの人まだミニに乗ってるの?!グレイスに来てるって?まさか…」

車検上がりの車両引取りと、ロードラリー試走の日が重なって。
ちょいと私が手引きをしましたが、3人は何十年振りにグレイスで再会を果たしました。

相手が息災であったこと、ちっとも雰囲気変わらないこと(容姿は多少…ね)、まだ3人が3人とも
ミニに乗っていること…
ひとしきり再会を喜び合い、こんな機会に恵まれたことに感謝し、また一緒に楽しもうと約束して
解散となりました。

私はメカニック。
車のお世話が仕事ですが、車を通して誰かの暮らしが豊かになったり、誰かと誰かが刺激し合ったり、
そんな言ってみれば「副産物」が、私の周りで起こってる。
そんな、「ちょっといいこと」をお相伴させてもらえる。
嬉しいことです。

これは私の友人が住む、ウェールズの小さな村の風景。

素朴ですが美しいですよね。
今日起きたことはまるでドラマみたいだけど、そもそもは素朴な感情から始まっています。

一生懸命やってる姿に心打たれたり、
コレが好き、という熱意とか

うまく言えないけど、素朴なものは直感的。
世の中が豊かになりすぎたのかな…素朴で直感的な感情につき動かされる、今の世の中には
欠乏しているように思います。
今日のドラマは、すこぶるシンプル。
紆余曲折あったけど、でもみんなミニが好きで乗ってる。

他に何か要るかな。

車は口がきけない

コレ少し前ですが、エンジンを1基バラしていました。

車は口がきけませんが、無言のうちに実に多くのことを語ります。
このエンジンが載っていた車のオーナーは、実に車に厳しい人だったか、随所に見てとれます。
操作の一切が雑というか、とても荒い。
ありとあらゆるものが、偏摩耗っていうかあまり見ないようなコンディションで。
きっと口がきけたら、

「痛いよ、もうよして…痛い、痛い」

ききみみずきんがあったら、間違いなくそう聞こえるでしょうこの感じ。
でもききみみずきんで聞こえたところで乗り手にその痛みは伝わらない。
ここは是非、ハンムラビ法典システムで

目には目を、歯には歯を

これがサイコーなんじゃないかな。

とはいえ…
直したり甦らせたり、車にまつわる大抵のことはしますけど…
残念ながらこれはできないなぁ。

気付いて欲しいんだけど…

片付けというミッションと…

片付けというミッション。
機械加工を自分のところでするようになって、その手の道具や材料などが増えました…
それと、ミッションを少なくとも4機、組まねばならぬ仕儀に相成り候。

そしてその合間で、入庫した車両の車検整備も。
普段から、何か不調があればすぐオーナーが寄って車を見せてくれる個体なので、大難はナシ。
それなりにミニでお出かけしているようで、距離はなかなか乗ってます。
でも距離なりの、いわゆる「消耗」。
乗ってる車は調子がいい!
「何事もなく、調子よく乗れてます」
こちらもお世話していて気分がいい!
そして乗ってる割にはキレイに乗ってくれてます。
ちゃんと手入れをされてるのが、一目でわかります。
オーナーができる手入れ…日々のボディーのお手入れ。
みんなお風呂はいってる?その類です笑
そんな特別なことじゃないでしょ…?
車だって、とびきり小さいし…なぜ…?
車のお手入れしない人、多すぎて悲しくなります。

目が回るようで画像なし笑

これでもう絶対落ちない

どれどれ拝見〜

えっこれは補強しなくっちゃじゃないの…
急きょ、思った以上の作業になったけど、もうこれで絶対落ちない…よかったよかった。
陽がだいぶ傾きヒグラシが鳴く中を、ゴキゲンで帰って行きました。

この車ももう8年?10年?早いなぁ…
車は10年足らずですがオーナーは…何を隠そう40年を超えるお付き合い。

80’s これでどうだっ

オーナーの好みで、80’s Style
ちょっと見づらいけど…
バンパーグレー
オーバーフェンダーグレー
ドアミラーもグレー

ドアプルハンドルもグレー!
ジャーン

ご記憶の方は少ないかな…以外と淡いグレーなんですよねっ。
で、グリルはもちろん黒でっす。

いろんなきもち

店主こと、私より少し(怒るかな)年下。
若い頃からずっと、グレイスでミニをお世話してきました。
結婚して、お子さんが生まれ、仕事も続け…その間もずっとミニが暮らしの供。
通勤も、子育ても、レジャーも。
あと数年で、定年。
今のミニは2台目、今のうちに『上がりのミニ』の支度を始めます。
(画像はイメージです)

他の車には、乗る気にならないそうです。
そうおっしゃるお客様は、かなり多いです。
そして皆さん口を揃えて

「ま、ココ(グレイス)がなけりゃ、そんなの無理だったけどね」

お世話する側としては、冥利に尽きます。
更に精進…更に探求…


さて。
悩んだ末に色もやっと決まって、いよいよ着手します。
今回の計画は、実はお客様のお父様も楽しみにしておられると聞いていました。
独身の頃からずっとミニですから、元気に仕事へ通う娘さんを見ておられたんでしょう。
ですが、残念なことに昨年の暮れ、亡くなられたんだそうです。

グレイスでお世話する車たちは、今ドキの車たちとは違って、いろんな気持ちがこもります。
今ドキの車だって魅力たっぷりなんでしょうが、性質が違います。

どうしたらいいかなぁ、こうしたらどうだろう…
情報が溢れる中で、理に適(かな)っていないものも独り歩きしています。
思いが余って、溢れる情報に溺れかねない。

車を長持ちさせる
車の尊厳 / アイデンティティを保つ ← 倫理観
オーナーの使い方に沿う
時代にも沿う

グレイスは車が一番です。
オーナーは…申し訳ありませんが二番です。
車の為に、最良の道を示してそのように車両を整えます。
時代に沿うため、倫理観をもって車をお世話するため、テクノロジーの探求も忘れません。

あの後、組んで

昨日、あれから足廻りを組んで帰宅しました。

***

再来週に迫った,新城ラリー2022 に一緒に出るクラブ員のミニがラリー前整備で日帰り入庫。
2018年に我々が全日本に出るようになって、そこで我々を見て訪ねてきた地元新城の人。
ミニでラリーがやりたい!と訪ねてきた人です。