Manx Rally 2024 ふりかえり③ Recce Day

Recce(試走)の日です。
1日で 10箇所(のべ15本、130mile )のステージを走る機会を与えられています。
通過時間を制限されているステージもあるので、それを考慮しながら走る順番を決めて臨みました。
朝、ロードブックをもらいながら Recce の受付を済ませ…

仮設トイレを使ってから(ちゃんと女性用があります!)いざ出発。
会場は諸々準備が進んでおり、公園内の芝刈りもしてありました。

昨年と同じステージも散見されるので、去年よりは楽なハズ…
去年作ったロードブックの『切り取り』、今年も用意しました。

ステージのスタートへ向かいます。
既にTC と呼ばれる時計マークの標識(時間の管理が行なわれているポイント)が設置されている
場所もあれば、そうでない場所もあります。
そうであろう場所(例えばスタートとか)に標識が見当たらないと一瞬焦りますが、大丈夫。
過去の経験から、棒っ切れがブスっと地面に足してあると、エェそれは本番に標識が結いつけられる
杭なのです〜

⬇︎ コレ ⬇︎ (RIoM : Rally Isle of Man って書いてある)

ステージの入り口へアプローチする道は、当然ながら一般車両は当日入れません。
通行止の日時が記されています。
全日本でも同様のサインが出ていますが、あぁ始まるんだなぁ…と心踊ったり、逆にシクシク心配に
なったり。

昨年の貯蓄?があるので、Recce は恐れていたよりサクサク進みます。
去年は、そうなるとは思いもよらず飲まず食わずだったので、今年はちゃんと食料・飲み物を持って
万全の体制で?臨みました。

事前に立てた計画通り、北からこなして南へ下って行きました。
道すがら、島の空港の脇を通りながら…とてもいい天気なのに妙にガスっているのに気づきます。
実はこの頃、後発隊が空路マン島を目指していたのですが…

Manx Rally 2024 ふりかえり番外編① へつづく

箸休め “Manx Rally 2024 総評”

Manx News に’Motorsport News’ の編集者 Paul Lawrence 氏が、今年の Manx Rally について寄稿して
いるのを見つけたので、リンクを貼ります。

OPINION: Guest author Paul Lawrence on this years’ Manx Rally

プロの手にかかると、我々のサービスもこんなにカッコよく…

ふりかえり、鋭意執筆中?ですので 引き続きお楽しみください(もったいぶってる?)

Manx Rally 2024 ふりかえり② 諸々準備

島へ入って翌朝。
この日は諸々準備の日です。

毎年使っていたホテルが、今年取れませんでした。
初動が遅かったのもありますが、この1年で経営母体が大手のホテルチェーンに渡り、
今までのような融通は全くきかず…
さぁホテルどうしよう。
この1年でますますイギリスの物価は上昇、高いは駐車場ないわ、イヤ参ったな。
どうする…

開き直って。
1989年 — 夫の初ラリーの年 — ヒストリックの HQ があり、宿泊もした PortErin の宿を当たって
みたところ、どうやら空いてる。
島の西のはずれに位置する小さな港町、蒸気機関車の終着駅でもあります。
去年まで利用していたホテルから、10分足らず…全く気にならないのでここで決めました。

Falcon’s Nest Hotel(隼 : ハヤブサ の巣)
古いホテルのようで、部屋のドアは普通の家のように鍵を回しながらドアノブを回すタイプ。でも修繕されていて設備などは快適に使えました。
(エアコンはなかったな)

朝食は English Breakfast のビュッフェスタイル。
卵の調理の方法はその日で違うので、あれこれは選べませんが好きなものを好きな分だけ、とても
充実していました。
マッシュルームが毎日食べられるのがすごい嬉しかった!

***
サービスの準備です。
毎年陰に日向に助けてくれる、お助けマン John さん。
彼が仲間と利用している Mini Emporium の片隅に、Team Japan が一部を使わせてもらっている
コンテナがあります。
そこへ機材を取りに行き、John さんが貸してくれる 4WD に積み込みます。
何から何までお世話になりっぱなし。

さぁ、サービスパークへ。
昨年と同じ場所でした。

仲間の間でなぜか思い出深い、グランドスタンドのトイレ。
ロックが付いて(我々の滞在中はフリーでした)、有料で運用する期間もあるようです。
トイレの管理だって、消耗品とかコストかかりますからね…当たり前といえば当たり前です。
“NO CLIMBING” TT の観戦とか、見えなすぎて登っちゃう人がいるんでしょうね。

いつものように設営が済んだので、昼食。
こちらも毎年1度は食べに来る “Cat with No Tail” 。
裏庭が広くて、モク助(煙草喫)がお気に入りです。

***
少し遅めのランチをとってから、ホテルへ。
私ともう1組のクルーのコ・ドライバーは、明日の Recce(試走)に向けて予習するため居残り。

昨年、コロナ明け(っていうのかな)に復帰してから、ペースノートは自作です。
もう一方のクルーは、ドライバーの負担を考慮して購入、我々もかつてはそうでした。
ドライバーこと夫曰く、自作のノートを使うようになってから格段に「踏める」ようになったと
言っていますし、実際のところ段違いに乗れています。
ペースノートの功績だけではないようにも思えますが、でもやはり自作のものは感覚に沿うようです。
(当たり前ですよね自分で作ってるんだから)
安全と速さのために( safety = fast …なーんかどっかで聞いたような)大変だけどノート作ります。
昨年走ったステージがいくつかあるので、そのまま使えるのもあれば新しいセクションと組み合わせて
だいぶ圧縮できそうです。
あーコレコレ ”Safety Fast”


残りの人は自由に午後のひとときを過ごしました。

***
夕食はホテルから歩いて行かれるパブへ。
蒸気機関車の駅ですが、「腐っても」駅。
ひととおりのものはあるし、かつて使っていたホテルよりそういう意味では便利です。
夫が1989年に滞在した時にはこの駅、手動の転車台がありました。
今は向きを変えず、ダグラスから走ってきたそのままでバックして運行しています。
我々の滞在中、Port Erin の発車時刻は、10:00 / 12:00 / 14:00 / 16: 00 の4本。
発車の時には汽笛を鳴らし、まるで教会の鐘が時を知らせるようで、何とも趣がありました。

帰り道に明日の食料(スタートはホテルで朝食が食べられる時間ではないのです)を買い込んで、
本日は終了。
翌日は Recce 、短いスケジュールで到着する観戦組3名が島にフライトで到着します。

Manx Rally 2024 ふりかえり③ へつづく

帰国しました

5月18日(土)朝着のロンドン発羽田便で無事帰国しました。
出国前には蕾だったシランが、庭の片隅で花を終えていたり、フランネル草が咲いていたり。
こぼれ種で何シーズン目かわからないシソが今年は大豊作の予感だったり、種を蒔いてやや経った
リーフレタスがいいだいぶ育っていたり。
いない間にも粛々と時間は流れていました。
(当たり前なんですけど)

さて、いつものことですが帰国後すぐに夫は出勤、早速通常通りガツガツ仕事をしていつもの時間に
帰宅しました。
今年は孫も初めて同行したので、往路ほどではないものの慣れないフライトだったこともあり、
簡易シートに一番近かったじーじ(夫)は、本人が寝ていてもほぼ寝ていなかったんだとか。
1日仕事をしてぐっすり休み、時差ぼけ( jet lag )はゼロでしょう。

帰国後最初の晩ご飯は、とっておけない Manx Kipper 。

帰国前に立ち寄った、Norfolk に住む Peter さん(去年、競技車を譲っていただいた…)に島の
お土産で Kipper を持参したところ、
「朝食にいただくよ!」
写真が送られてきました。
朝から Kipper かね…

我が家は夕食です。

さぁ、明日からは通常運転。
…Manx Rally のレポート!

ラリーは完走、クラス1位

すっかり更新を怠りまして、あいすみません。
Manx Rally 2024 おかげさまで完走、クラス1位を頂きました。

リザルトはこちらからご覧いただけます。
Manx Rally Day1
Manx Rally Day2

その昔は、ペースノートの整理を終わらせてから、ブログ何とか書けましたが…
もうダメだ。
眠すぎて翌日に確実に響くので、失礼しちゃいましたすみません。
帰ってから細かくラリーのふりかえりしていきます。
旅の終盤は、Norfolk へ足を伸ばします。
更新できるかな…

取り合わせの妙

店主出国前の「上がり」の仕事は…Mk3 Cooper’S’ の内装交換。
昨夕預かり、1泊入院。
昨夜、古い内装一式を取り去りのりを剥がすところまでして帰宅。
昼前

3時頃

オータムリーフの内装が入りました ❤︎
これまでは黒い内装でしたが…Mk3 は「濃紺」なのよね。
シックでお洒落です。

今日の「ひとこと」2人分

① キャブレータ交換 Mk3(日帰り)

凄い車だ…
ヤバイ…

車の素性がいかに良いかが、よ〜くわかるひとことです。

②ラバーコーンコンヴァージョン+ミッション O/H(入院)

えっと、オレは何を依頼したんだっけ?
エンジン頼んだか?

チューニングってエンジンをいじることだけじゃない、というのがよ〜くわかるひとことです。

***今日は来客も少なく、ガレージは静かでした。
時折、だいぶ上手くなった鶯がさえずるのが聞こえました。

来週の今頃は…

本日は5月4日 日本時間 230pm
1週間後は、Manx Rally 2日目の朝 630am

2日目、car 1 は 901am スタート。
car 142 は…まぁざっくり2時間後くらいのスタートですから、のんびり朝食でも食べてる頃かな。
何としても道の上に残らないと。

さて、マン島の FM で Local Hero とも言うべき Mark Higgins 様からのメッセージが発信されました。
来週のイベントのことと自身のキャリアについて話しています。
同じ動画で、イベントディレクターがボランティアを引き続き募っていることを話しています。
我々がよく使う White Stone Inn(パブです)で、初心者向けの講習会も行うようです。

https://www.facebook.com/plugins/video.php?height=476&href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2F3FMradio%2Fvideos%2F462794916245904%2F&show_text=false&width=476&t=0

エントリーリストも公示されました。
上で触れた様に #142
確か…2009年にマン島に復帰した時と同じゼッケンです。

この写真、だいぶ有名になりました。
これは2009年、#142 です。

爽やかな初夏の日

GW 後半、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
グレイスは静かに営業中です。
ガレージ=作業場 でもありますが、ふらりとお出かけになる方も多うございます。
爽やかな初夏の昼下がり、パラパラとミニが集まります。

ガレージの中へ目を転じると、これまたミニがいっぱい。
渡航前にケリをつけたいもの 
渡航中に託す作業(宿題、のようなもの)
これらが自分の出番を待っています。