みんなミニに乗ってる!

今日、グレイスでドラマチックな出来事がありました。
10年来クラブ員として活動している2人と、ここ2年くらいのとあるお客様。
かつてはよその集まりで、短い間だったけど袖触れ合ってた…らしい。

互いに今どうしているかは、気になっていたけど知らずじまい。
「え…あの人まだミニに乗ってるの?!グレイスに来てるって?まさか…」

車検上がりの車両引取りと、ロードラリー試走の日が重なって。
ちょいと私が手引きをしましたが、3人は何十年振りにグレイスで再会を果たしました。

相手が息災であったこと、ちっとも雰囲気変わらないこと(容姿は多少…ね)、まだ3人が3人とも
ミニに乗っていること…
ひとしきり再会を喜び合い、こんな機会に恵まれたことに感謝し、また一緒に楽しもうと約束して
解散となりました。

私はメカニック。
車のお世話が仕事ですが、車を通して誰かの暮らしが豊かになったり、誰かと誰かが刺激し合ったり、
そんな言ってみれば「副産物」が、私の周りで起こってる。
そんな、「ちょっといいこと」をお相伴させてもらえる。
嬉しいことです。

これは私の友人が住む、ウェールズの小さな村の風景。

素朴ですが美しいですよね。
今日起きたことはまるでドラマみたいだけど、そもそもは素朴な感情から始まっています。

一生懸命やってる姿に心打たれたり、
コレが好き、という熱意とか

うまく言えないけど、素朴なものは直感的。
世の中が豊かになりすぎたのかな…素朴で直感的な感情につき動かされる、今の世の中には
欠乏しているように思います。
今日のドラマは、すこぶるシンプル。
紆余曲折あったけど、でもみんなミニが好きで乗ってる。

他に何か要るかな。

季節を取り込もう

昨日もなんだか暑かったなぁ。
姉の外来付き添いで都内にいたんですが、暑さがちょっと桁違い。
都内は住むところじゃないな…

週末にお客様が、ご自宅で実った栗をたくさんお届け下さいました。
さぁ、やるわよ…

軽く湯がいてから剥くと、剥きやすいですよね。
もちろん栗ご飯にします。

黒ごまを切らしてるな…
アクセントに欲しかったけど、まぁいいや。
季節の味わい、あぁ秋が来た。

また台風だ

2週続けて台風がやってきます。
確かに秋は野分(のわき:秋に吹く暴風=台風)の季節ですから、まぁ言ってみれば風物詩(あまり歓迎されませんが)とも言えましょうが…
気候変動の影響で、しょっちゅうだったり例のない大きさだったり、不安な日が続きます。

ココで何度かおしらせした店主主宰クラブに寄るロードラリー、9月25日(日)つまりこの週末…
を予定していましたが、この通りなので昨夕に延期することになりました。
基本ラリーは天候に左右されないのですが、嵐となれば話は別です。
あわよくば、とも思うところですが半島へ分け入って気持ちのいい道を走るので、万一土砂崩れや
倒木などで、危ないことになってもいけません。
往復で交通規制など生じて、来られないならまだしも帰れない…なんてことになったら!
加えて計測などするオフィシャルは、外で対応することもあるので暴風は危険。
仮に早く回復しても、コースがクリアかどうか確認する時間がありませんしね。

何でも判断は迷うところ、これまでの準備を思うと惜しいに決まってるんですが何よりも安全が優先。
なので、ひとまず延期です。

河川の氾濫が多数発生し、各地で大きな被害が出た2019年の台風19号が接近している時、我々は
飛騨高山へ向かっていました。
同地で開催される、全日本ラリーハイランドマスターズへ参戦するためです。
試走の日の夜は、飛騨牛を朴葉味噌で頂きいい感じ(不安に思いつつも)だったのですが

明けて本番、嵐の中で午前中は予定通り行われ、午後はキャンセルとなりました。
予定通りに午前中走らせたことは、後日賛否両論ありました。

ホテルに戻り、午後は溢れかえらんばかりの箱根(早川)の様子を TV で唖然と観ていたのをよく
覚えています。

我々は車の中にいますが、ラリーを動かしているオフィシャルの皆さんは屋外で我々競技者を待って
くれている訳で、かなり危険です。
サービスも同様で、サービスが設置される場所は広いところと相場が決まっているので、強い風が
吹き抜ければ、テントなどひとたまりもありません。
午前中のルーティーンを終えて戻ったら、サービスはテントを畳んでぐっしょぐしょになりながら
我々の戻りを待っていてくれました。

翌日は台風一過、スケジュール通りでしたが我々クルーはリタイヤ → 積載車のお世話になりました…
悪路とリタイヤとは関係ありません…

とにもかくにも、天候には勝てません。
早い決定は、関係者が気を揉まずに済みます。

さぁ、いつ仕切り直そうか。

彼女はきっと忘れられないだろう

BBC のキャスターが、一連の女王崩御の報道の締めくくりに言った言葉です。

Queen Elizabeth II has gone, but she will surely never be forgotten.
女王エリザベス2世は去ったが、彼女はきっと忘れられないだろう


https://youtu.be/V_gy9DFtw5U


報道などでご覧になった方も多いかと思いますが、貼ります。
儀式の力を信じていたという女王の葬儀。
綿密に立てられた計画には、女王の意思と希望が随所に組み込まれていたといいます。
旅立ってもなお、国の団結とその行く末を照らした女王。
首都ロンドンでの葬送はそれは厳粛かつ重厚なものでした。
隣り合う仲間と腕を組み、砲台に乗せられた女王の棺を引く海軍水兵や、バグパイパーズの列、
歴史絵巻を見るようですが、それは即ち参列する皆の忠誠が姿に現れているようで、遠い国から何か
引き締まる思いで見ていました。

一転、居城であったウィンザー城へ。
盛大な葬列なんですが、家へ帰るからなのか…どことなくプライベートな感じもしました。
人垣を過ぎ、ゲートをくぐると芝生を貫く1本の道。
その両脇には、帯状に切り花が敷き詰められていました。
すごくナチュラルで、ふんわりした…帰ってきた、そんな雰囲気を感じました。

お人柄が表れているような、これでゆっくり休めるのかな、そんな気持ちになりました。

ウィリアム皇太子の上2人のお子さんが葬列に参加したのも、非常に興味深かったです。
葬儀は長い時間に渡るので難しい判断だったと報道にありましたが、実は王位継承順位2位・3位で
あり、いろんな意味でとても価値のある参列だったのではと私は思います。
このような場面でどう立ち回るか、大人はその場でどうにか繕えても子供はそうはいきません。
普段からどのように女王と接し、ひいおばあちゃんをどのように理解していたていたかが、透けて
見えるようで、心を打たれました。
ご両親の教えだなぁ…と、子を持つ親として、素晴らしいと思いました。
特殊な環境 …いろいろあったろうし、今もあるだろうし、この先もまだまだあるんでしょうが…
それでも、このお子さま方とそのご両親が、ますます幸せなご家庭を育まれるように…
そんなことを思いながら、葬送を見ていました。
きっとひいおばあちゃんが守ってくれます。


余談。
ちょいとミーハーなのですが、軍服で列席している人が軒並み聖堂に入ると帽子を脱いでいるのに、
アン王女は軍帽を脱がなかったんですよね…
どうしてだろう…きっと理由があるはず。
(画像は Getty Images 他 より)

LONDON, ENGLAND – SEPTEMBER 19: Anne, Princess Royal, departs Westminster Abbey after the funeral service of Queen Elizabeth II on September 19, 2022 in London, England. Elizabeth Alexandra Mary Windsor was born in Bruton Street, Mayfair, London on 21 April 1926. She married Prince Philip in 1947 and ascended the throne of the United Kingdom and Commonwealth on 6 February 1952 after the death of her Father, King George VI. Queen Elizabeth II died at Balmoral Castle in Scotland on September 8, 2022, and is succeeded by her eldest son, King Charles III. (Photo by Christopher Furlong/Getty Images)

ちょっと調べたところ…
中世ヨーロッパのキリスト教の教会において、女性はヴェールか帽子で頭を覆うことが義務付けられて
いたことに由来する、という説があるようです。
同様に、食事を取る席でも女性は脱がなくてもよいとされていたそうです。
きっとこれだ〜 ❤︎
納得。
ここでいう帽子は、それこそ軍帽だったりファシネーター(装飾性の高い頭の装身具)の類ですよね。

でもファミレスとかで、帽子とらないでご飯食べてるのとか見ると引くわ笑

見てしまった

定休日。
貴重な休みに祝日をぶつけられちゃうわ、台風まで来ちゃってるわ。
被害が大きくならないといいのですが…

エアコンが変なニオイがする気がして、覗いたらフィンのとことか…
あぁ見てしまった…
我慢できませんバラします。
カバー外して、

フィンのユニットも外して
洗い担当は女房殿。
フィンにもホコリと黒カビがうっすら。
きっと体に良くないよな…

一時中座して、雨の合間を縫って週イチの買い出しに行きます。
エアコンの洗浄スプレーも買い足します。

祝日だからビビって出かけましたが、人出はまばらきっと土日がお休みの人は昨日のうちにお使いを
済ませていたんでしょうね、混んでなくて助かりました。
晩は、エリザベス2世の国葬を TV で見るんだ…

女王にお別れをする列

5マイルもの列が、昼夜問わずウェストミンスターホールに向けて続いています。
最大25時間待ち…仮設のトイレは500か所、並ぶ際にリストバンドをつけることで列から一時的に
離れ食事やトイレにっつことも可能…非常にシステマチックです。
そして棺との面会の前には、空港並みのセキュリティチェックがあります。
透明な水等以外は持ち込み不可、食べ物も持ち込み不可(置いていかざるをえない食べ物はフード
バンクに寄付される、という徹底ぶり。
誰にも開かれた、女王の棺との面会のチャンス。
元サッカーイングランド代表の David Beckham も、列に並び女王にお別れをしていました。
列に並ぶ間は、巡礼のような気持ちだったという人もいました。
列に並んだ、というのはここに並んだ人全員の共通の思い出になるわけです。

その列に並ぶ人たちの元を国王と皇太子が予告なしに訪れ、交流をしていました。

弔問に訪れたことを感謝し、夜中は冷え込んだろうと労い、
列に並ぶ市民を見舞ってくれたことに感謝し、母君の時代の貢献を感謝する。

互いに感謝し合い、思い合って美しい交流だなぁと思いました。

長くやってると

ウェブサイトのトップページにも記している通り、店主こと私がこの店を出してはや36年。
干支が3周するような年月。
短いような、長いような。
ミニと同い年の(1959生)26歳だった私は、おかげさまで今年63歳になろうとしています。
ありがたいことにだいぶ長いお客様も多く、店を開けた頃(開ける前の方も!)のお客様も未だ
いらっしゃいます。
未熟だった頃から、車をお任せ下さることで成長してこられました。
本当にありがたいことです。
しっくりくる表現が見つかりませんが、お客様も一緒に成長してきたように思う部分もあります。

年齢が進み、お客様の中にリタイヤする人がちらほら。
そして、私より年上の方にあっては、身の回りの整理…いわゆる『終活』の一環として車の整理を
考える方もおいでです。
考えたくない…気持ちもありますが、古い車に携わる者としてはありがたいことでもあります。
その人のもとは離れても、然るべき元へ受け継がれれば車は存続できるでしょう。

車を「己の所有物」としてしか見られない人もいる中で、
歴史の遺産として自分の手元を通過するように思っている方はまだまだ少ない中で、

ずっとお世話してきた我々に後を託してくれるんです。
本当にありがたいことです。
バトンのように思って、我々は扱っているつもりです。

これまで、何台となくうち棄てられた車を見てきました。
狭い業界の中で、変わり果てた姿になった車も。
何度もくどいようですが、車は人間が生み出した道具。
自分では何もできません。
1cm だって動けないんです。

車が活きるも死ぬも、携わった人次第。
せめてグレイスと袖触れ合った車だけでも守りたい、日夜そう思っています。

僕が生まれた時から「Her Majesty」だった

エリザベス二世が、現地時間9月8日午後 スコットランドのバルモラル城にて崩御されました。
BBC では今、英各地の寺院・聖堂が女王に敬意を表して、鐘を鳴らす様子が放映されています。

伴侶のフィリップ殿下を失って以来、健康の不安が伝わっていましたが、プラチナジュビリーを無事
祝って、ホッとしたのもつかの間、その激動の生涯を閉じられました。

今、この世に生きている人のかなりの数が、エリザベス女王は『女王』でした。
何というかイギリス連邦のみならず、みんなのお母さん、おばあちゃんであったのではないでしょうか。
この訃報を受けて、何か漠然とした喪失感を抱いている人は少なくないと思います。
常に居たから、普遍であり不変の人であったからいなくなってしまったことがちょっと信じられないでいます。
いつかその日が来ると、わかりきっていることなのに。

今晩私はあちらの仲間や友人に、短いものですがお悔やみの E-Mail を送ろうと思います。
英国の文化から大変多くのこと学んだ1人として、極東の小さな島国より弔意を伝えたいと思います。

生まれた時には王位が自分に巡ってくるなんて、しかしその運命に向き合い、国家元首として強く、
賢く、奉仕の精神をもって70年の長きに渡ってその座にあり続けました。
そして最後の最後、亡くなる2日前まで職務を果たすこの気丈さ。
なんてドラマチックなんでしょう…

人生のすべては国民のために

25歳でこれが言えますか…
女王の気質がもちろんそうさせ、その後の70年の時間が刻まれたわけです。
即位が若かったこと、これも大きく影響していると個人的には思います。
若くて、まだまだ経験が少ない中で重大な決断をするそのエネルギー。
失敗があったとしても、それは成功への一歩なわけで。

女王の一生を振り返る映像を見ながら、兎にも角にも始めないとダメだと強く思いました。
もっと勉強してから…
もう少ししたら…
それでは遅いんです。
1日でも早く携わるべきなんです。

世の中に強く言いたいです。
いつまでも学校に行くのも良し悪し。
なぜならそこで、貴重な貴重な時間を無駄にしてしまうから。
私なんて、18歳 高校卒業でも遅かってと思っているくらいです。
そんなに長い間 受身で学んでも、人間力はつきません。
人間力は経験で培われるもの。

女王陛下の功績を知るほどに、こんなことを考えていました。


2016年9月13日マン島にて、我々 Team Japan は首都ダグラスの市長を表敬訪問しました。
ブログが飛んじゃったので、また改めて書くことにします。
その時、議会を開く広間に通されました。
議長席の上には、元首であるエリザベス女王の肖像がありました。


BBC がこんな風に言っていました。

我々は女王を失いました。
君主制は続きますが、我々は「女王」を失ったんです。

長く国に仕え人生を捧げた女王陛下、ゆっくりお休みください。

セカンドオピニオン大事よ

セカンドオピニオン

現在診察を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医者に診てもらい意見を求める。
症状や治療方法について、主治医以外の意見を聞き、参考にすることです。

例えば症状があったとして、主治医に診せて快方に向かえばいいんですが。
いつまでもスッキリしない、医者に通っても改善しない…そんな時、

「ずっと診てもらってるから」
「データがみんなあるし」
「悪いじゃん…」

変化を嫌う日本人の気質も手伝って、医者を変えてみるというのがなーかなかできない。
長兄が頑なまでに地域の総合病院にこだわった結果、疾病を見逃し残念ながら車椅子の生活に。
あんまり改善しないしむしろあれこれ出てくる始末で、私がずっとセカンドオピニオンをと声をかけて
たんですが…
年齢が年齢なのでやはり「例の」日本人の気質が邪魔をして、首を縦に振るまでにだいぶ時間を
要してしまい、やっとその気になってきてじゃぁ G.W. 明けたら行ってみっか〜
G.W. の入り端で腰下に痺れが来て、立てなくなりました。
どんなに恨み節を言っても、改善しない中その病院に通い詰めたのは自分であって、自分の決断。
相手の未熟さに噛み付いても、そこを選んで通い続けた自分がマズかったわけで。

***

車にもまったく同じことが言えます。
不具合があって、何度出しても改善しない…
そこで車屋は得意のキメ台詞を言う(お客様の証言です)。

「ミニはこんなもんですよ」

ちーがーいーまーすー 笑
どれだけいるかな、よそでいくらやっても直らないってくる車たち。
まず電話が来て症状を伺うんですが、そんな難儀するようなことかねぇ〜って思いながら
いざ入庫。
ガレージに入ってくるその音で、

あ〜ハイハイきっとあそこの調子が悪いんだね

オーナーが何年も困ってたことを、数分で発見、数十分で解消…
そんな事例、どれだけあったか知れません。
年単位で直らないって、何だよ…素人かよオイ。

早く来ればよかった…皆そう仰いますが、気付いた時がその時。
その時にスパっと切り替えられれば、きっとどうにかなります。
車も、オーナーの台所事情も。
このご時世の貴重な収入を、効果が得られない改善されない修理の支払いに充てるなんて、こんな
ナンセンスなことはありません。
いやぁやってもらったし…と言って払ってしまったら、容認したということ。
No と言えない日本人では、いつまでたっても車は良くなりません。

車の世界に於いても、セカンドオピニオンは悪いことではないと思います。
例えば我々のサービスに不足や不満があったら、よそを訪ねてもらっていいと思ってます。
我々は、いつどこで誰に(エンジンやボディを)開けられても恥ずかしくないように、心がけてます。
慢性人手不足でお待たせしてしまうことはあるかもしれません…申し訳ないことですが手作業なので
「遅い」ことを批判されてしまうと大変心苦しいのですが、それでも部品のストックを充実して
お待たせしない努力はしているつもりです。

もしグレイスのサービスが気になって、グレイスのミニが気になってココを覗いている方がおいでなら…
もしご自分の車の不調にずっと悩んでいたら…
是非遠慮なくお出かけください。

ココにある車に乗ってみるもよし
作業をじーっとご覧になるもよし
ご自分の車の不調を相談するもよし

グレイスは月曜定休です笑


まぁいないだろうけど、車が触ってみたくて仕方がない若い子も。
もし居たら、遊びにおいで。
イタリアンレストランの下積みは、一日中トマトの皮むき。
一日中、何かを触らせてあげる。
部品の洗浄とか、それを使えるように下組みするとか…いくらでも。
レストランではまかないでその店の味を覚え、まかないを任されるようになり、だんだんと覚える。
それと一緒、技は見て覚える/盗んで覚えるもの。
質問できる人が、若いのと初老と…一緒に仕事しよう。

価値がある

先日女房殿が WAX までかけちゃった…ノーチラス号、商品ページに掲載しました
もちろん試乗もできます。
1997年式ですのでミニとしては年式新しいのですが、今年は2022年。
2022 – 1997 = 25
そうです25年も経っているのでーす。

この車両は、エンジンもギヤボックスも O/H 済み。
元はタヒチブルーでしたが Nautilas Blue に塗装済み。
内装は Autumn Leaf の布張り新品に張り替え済み。
サスペンションも一新。

ひと通りやってあります。
25年も経った車自体の価値は…正直ほぼありません。
価格は「手をかけた分」です。
プロが手をかけた分を反映しています。

巷で、同じ値段で新車を売っているでしょう。
どっちが価値があるでしょう。
新車は、生産ラインで ポチ っと押せば1分に何台も出来上がってきます。
どっちが価値があるでしょう。
しかもこの先、直せるのはどっちでしょう。
ノーチラス号は、直した(今回)実績があります。
新車は?
メーカーが10年以上部品をストックしないので、25年後にこんな風にリフレッシュさせるのは
ほぼ不可能でしょう。
いつか粗大ゴミになります。
どっちが価値があるでしょう。
今、盛んに世間で言われる「サスティナブル(持続可能)」なのはどっちでしょう?
本当の意味でサスティナブルなのは、どっちでしょう?

***
こちらは 25年 どころではありません。
1960年代の Mk1 です。
どんがらにして、塗装して、サブフレーム(骨格にあたります)つけて、そこにエンジンが収まり
サスペンションが生えます。
グレイスでは車のコンディションに応じて、そうやって直しています。

60年前の車が甦る、夢のある話です。
しかも、器みたいに現存しているだけでもてはやされるのとは違い、移動の道具として安全に走って
曲がって止まれなくては、我々は携わるプロとして失格です。
ドリームカーが安全に走って、日々人の役に立つように頑張っています。